ここから本文です

「将軍の中の将軍」と金氏を称賛 軍トップ就任8年で

2019/12/30(月) 14:31配信

共同通信

 【平壌共同】北朝鮮は30日、金正恩朝鮮労働党委員長が軍最高司令官に就任して8年の記念日を迎えた。党機関紙、労働新聞は金正恩氏はたぐいまれな軍事的資質を備えた「将軍の中の将軍だ」と称賛した。

 平壌では多くの市民や軍人が朝から中心部の万寿台の丘を訪れ、故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花した。

 労働新聞は、金正恩氏の指導により「最強の攻撃力と防衛力を兼ね備えた無敵の強軍」が育ったと主張。国の「未来は最強の軍力にかかっている」とし、軍が建設した温泉リゾートの完成などを挙げ、軍が国防だけでなく経済建設も担うようになったと強調した。

最終更新:2019/12/30(月) 16:55
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ