ここから本文です

「Red Velvet」ウェンディ、「食事は噛みづらそうだが、つらい様子は見せない…回復したら戻ってくる」

2019/12/30(月) 21:07配信

WoW!Korea

韓国女性グループ「Red Velvet」のメンバーが「SBS歌謡大祭典」で負傷したウェンディの近況を伝えた。

Red Velvetのプロフィールと写真

「Red Velvet」は29日ソウルのCOEXにあるSMTOWNで、ニューアルバム「The ReVe Festival’ Finale」の発売記念サイン会を開催した。負傷で治療中のウェンディを除く4人のメンバーが参加した。

この日のサイン会終了後、オンラインコミュニティとファンサイト、SNSにサイン会の感想が掲載された。同時に「Red Velvet」のメンバーであるウェンディの健康状態についても言及し、応援してくれるファンへの感謝の気持ちが伝えられた。

「Red Velvet」のメンバーたちはサイン会で「サイン会前はウェンディに関する質問があったらどうしようと心配していましたが、聞かずに私たちを配慮してくださったので、本当にありがたかったです」と話した。またウェンディは病院で順調に回復しており、27日にイェリ、ジョイ、スルギがお見舞をし、「KBS歌謡祭」を一緒に視聴したことも伝えられた。

「Red Velvet」のメンバーたちは「私たちも事故に関して腹が立ちました。多くの方に助けていただいて、本当にありがとうございました。『ウェンディ 愛してる』というリアルタイムの検索語ランキングもキャプチャーして見せてあげました。ウェンディは心から喜んでいました。お父様もキャプチャーしていたそうです」と話した。

「Red Velvet」はウェンディの病状に関して「食べ物が噛みづらそうで、おからチゲに玉子焼きを崩し入れて食べるなど、軟らかいものを食べるようにしています。ウェンディは明るい性格なのでつらい様子は見せていません」と明らかにした。

「Red Velvet」は「当分4人で活動し、日本ツアーも4人で行ってきます。ウェンディのパートを分配して歌うのでミスをしてもお許しください。『ウェンディがすごかったんだな』と思ってほしいです。ウェンディが一緒にいるようにコンサートを楽しんでもらえたら嬉しいです」とし、「回復したら戻ってきます」と話した。そのうえで「Red Velvet」のメンバーはファンの健康も気づかった。

ウェンディは25日に「SBS歌謡大祭典」のリハーサル中に2.5メートルの高さがあるステージから墜落する事故があった。ウェンディはこの事故で顔の負傷と、右側の骨盤と手首の骨折で活動を中断して治療を受けていた。

これについてSBS側は「SBSは負傷された『Red Velvet』のウェンディはもちろん、家族と「Red Velvet」のメンバー、ファンの皆さんにも心から謝罪致します」と謝罪した。

「何よりウェンディさんの回復が最優先で、事故直後から現在までSBSバラエティー本部長とスタッフが所属事務所のSM側と緊密な話し合いのもと、適切な治療のために最善を尽くしています。25日の事故発生直後、スタッフは現場を統制し救急車でウェンディさんを病院に緊急輸送し、直ちに精密検査を受けさせました。事故に関する正確な真相解明のためにSBSは内部調査に着手し、徹底した原因究明に努め、今後は同様の事故が発生しないよう、格別の注意を払って参ります」との立場を明らかにした。

「Red Velvet」はウェンディの負傷で新曲「Psycho」の活動ができない状況で、年末の個別ステージのみ参加している。

最終更新:2019/12/30(月) 21:07
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事