ここから本文です

古舘寛治×滝藤賢一『コタキ兄弟と四苦八苦』、宮藤官九郎、門脇麦らの出演決定

2019/12/30(月) 10:00配信

クランクイン!

 名バイプレーヤーとして知られる俳優の古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務め、2020年1月10日スタートするドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、劇作家の宮藤官九郎がレギュラー出演することが発表された。

【写真】ドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』フォトギャラリー


 本作は、生きるのが下手な兄弟が、ひょんなことから始めた「レンタルおやじ」の仕事を通して孤独な依頼人たちと関わり、さまざまな無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく姿を描く人間賛歌コメディー。コタキ兄弟の兄・一路を古舘、弟・二路を滝藤が演じるほか、ヒロイン役を芳根京子が務める。脚本は野木亜紀子によるオリジナル。監督は山下敦弘が務める。

 兄・一路(古舘)は予備校の英語講師だったが、現在は無職でつつましい暮らしをしている。そんなある日、兄の家に突然転がり込んできた弟・二路(滝藤)。兄弟の再会は8年ぶりで、兄が弟に勘当を言い渡して以来のことだ。兄は、弟が来る直前に事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ向かう。そこで出会った被害者の男・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。

 宮藤が演じるのは、コタキ兄弟が「レンタルおやじ」を始めるきっかけでもあり、「レンタルおやじ」の代表を務めるムラタ役。

 テレビ東京のドラマには初出演となる宮藤は「しばらくサボっていた俳優業を、こんな素敵な作品の、素敵な現場で再開できて嬉しかったです」とした上、「ムラタという役は非常に掴みどころの無い男でしたが、野木さんの言葉と山下監督の眼を信じて、意地でも質問しないぞという姿勢で臨みました。結果、手応えこそないですが、とても楽しかったです。なにより、古舘さん、滝藤さん、芳根さんのお芝居を間近で見れたのが最高に嬉しかったです。三人とも可愛かった」とコメントしている。

 また、「レンタルおやじ」の依頼主やライバルなどのゲスト出演者も発表された。「レンタルおやじ」の依頼主のトップバッターを飾るのは市川実日子。このほか、門脇麦、川島鈴遥、岸井ゆきの、小林薫、望月歩、吉沢悠の出演が決まった。また二路の妻・有花役は中村優子が務める。

 ドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』は、テレビ東京系にて2020年1月10日より毎週金曜24時12分放送。

最終更新:2019/12/30(月) 10:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ