ここから本文です

「もちろん売名だよ」俳優・杉良太郎の痛快すぎる福祉論

1/1(水) 10:02配信

BuzzFeed Japan

歌手・俳優の杉良太郎は、長年にわたって被災地支援や福祉活動に精力的に取り組んできた。

「売名」「偽善」批判への思い。被爆者との交流で抱いた「罪悪感」。原点となった養老院の思い出――。

「福祉は一方通行」を持論とする杉に、ボランティア哲学を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

「売名ですか?」

――東日本大震災の後、トラック20台分の支援物資を集め、被災地で炊き出しをされました。メディアから「売名ですか?」と聞かれた時のエピソードは、いまだに語り草になっています。

カレーを温めてる時に、「杉さん、杉さん」と聞こえて。ふっと顔を上げたら、テレビカメラがあって、リポーターに言われた。「それってやっぱり売名ですか?」って。

「もちろん売名だよ。売名に決まってるじゃないか」ってすぐに返した。これまでずっとついて回った言葉だし、私自身もう慣れっ子になっていたので。

本当は相手にしない方がいいんだけど、売り言葉に買い言葉で。まあ、修行が足りないね。

――最高の啖呵ですね。

いや、私にとっては普通なんです。外務省の高官にも言われたことあるし。「売名ですか」って。

その時も同じことを言った。「もちろん売名です。でも、ひとつ付け加えていいですか」と。

「私はいままで、これだけのことをやってきました。あなた、私がやってきたこと全部やってから、もういっぺん同じ質問をしてくれますか」。そう言ったら黙っちゃった。

福島第一原発で職員を激励

――原発事故の直後には、南相馬市や飯館村などにラーメン5千食を届けました。

うちの伍代(夏子)と、立ち入り禁止ギリギリのところまで行きました。

警察官に「何をしてるんですか」と声をかけられて、「深呼吸してる」と言ったら「そんなことしちゃダメですよ」と言われた。

2015年には、芸能人で初めて福島第一原発に入った。ずっと行きたかったんだけど「絶対無理です」と断られて、我慢して何年も待ちました。

職員のみなさんが出迎えてくれたので、「日本の運命、ひいては世界の運命があなたたちの肩にかかっている。死に物狂いで頑張ってください」と挨拶させてもらいました。

1/3ページ

最終更新:1/4(土) 21:41
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ