ここから本文です

グランドスラム&金メダルの両獲りなるか!? PGAツアー年間王者、ロリー・マキロイのスウィングを分析

1/2(木) 18:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

年が明け、いよいよオリンピックイヤーとなる2020年が始まった。約半年後に迫った東京五輪での活躍が期待されるロリー・マキロイのスウィングを、プロゴルファー・中村修が改めて分析した。

ロリー・マキロイのドライバー連続写真

マキロイは現在オリンピックゴルフランキンク2位

今回は2020年7月末に開催される東京オリンピックにアイルランド代表として出場する見込みで、大活躍が期待される選手の一人、ロリー・マキロイのスウィングを見ていきましょう。

2018-19シーズンではプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」を制し年間王者となったマキロイ。加えて選手間投票によって決まるPGAツアーの「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれました。同じ舞台で戦うツアーメンバーも認める名プレーヤーの一人です。

オリンピックゴルフランキングは2位(2019年12月25日時点)。アイルランドの選手で60位圏内にいるのはマキロイとシェーン・ローリー(11位)の2人だけなので、東京五輪出場資格はほぼ確実に手に入るでしょう。

回転力で飛ばすスウィング

まずアドレスを見てみましょう。グリップは、左手の甲が正面を見えるくらいのフックグリップで握っていますね。そこからワイドな(手元が体から遠い)バックスウィングで上げていきます。ワイドに上げることで、裏側の筋肉を伸長されてエネルギーが溜まります。

また、手を上に向かって上げようとしていないのもポイントです。自身の身長に合わせたフラットなスウィングを選択していますよね。

トップ位置ではフェース面が空を向いて、シャットな状態。切り返しで、左側へ思い切り踏み込む動作が入ります。体が沈み込むことによって、クラブをシャローな軌道で下ろすことができるんです。

ダウンスウィングでは右わき腹を縮める「サイドベント(側屈)」の動きが強く入ることで、右肩が縦に回ります。前述したシャローなクラブ軌道+肩の縦回転によって、インサイドからボールをとらえることができているんです。

スウィングには多少地面反力も取り入れていますが、大きく使うタイプではありません。左への沈み込みは重心の移動が主で、バックスウィングで溜めたエネルギーをダウンスウィングで回転力に転換して飛ばしている、そしてその動きが非常にスムーズなプレーヤーです。

オリンピックに限らず、今年も多くの試合でマキロイの名が上位に上がってくると思います。まずは優勝すればグランドスラム達成となる4月のマスターズに注目ですね。

プロゴルファー中村修

最終更新:1/2(木) 18:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事