ここから本文です

浜崎あゆみが昨年末に出産「天使を産みママになりました」ファンクラブサイトで報告

1/2(木) 1:04配信

スポーツ報知

 歌手の浜崎あゆみ(41)が、2019年末に出産していたことが分かった。1日深夜に公式ファンクラブサイト「Team Ayu」で「私、昨年末に天使を産みママになりました」と明かした。具体的な出産日時や相手男性については不明。大みそかには東京・国立代々木第一体育館でカウントダウンライブを行っていた。

【写真】ネット騒然!浜崎あゆみ、谷間露わショット「何見てんの」

 公式サイトでは「まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです」と母親になった喜びと決意をにじませた。

 19年8月には「事実を元にしたフィクション」という自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(著・小松成美、幻冬舎刊)を発売。所属するエイベックスの松浦勝人会長とかつて交際してたことを告白して、話題となった。ドラマ化も取り沙汰される。19年は5月1日~8月18日に全国ツアーを行った。ツアー中にはすでに妊娠していたことになる。

 これまで波乱万丈の私生活を送ってきた。11年元日にオーストリア人俳優マニュエル・シュワルツと米ネバダ州で結婚証明書を取得。だが、日本の役所に婚姻届を提出しないまま、1年後の12年1月に破局。13年12月12日には、当時米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)の医科大学院に通う大学院生だった米国人男性と婚約。14年2月末にロサンゼルスで婚姻の手続きを2人で行って結婚証明書を取得した後、3月3日に母親が代理人となって都内で婚姻届。16年9月に離婚手続きを行っていたことが明らかになった。その後、公に交際が報じられることはなかった。

 出産を前後して、11月には自身初のダブルミリオンを獲得したアルバム(99年)のリパッケージ盤を発売。大みそかのカウントダウンライブは、浜崎にとって“聖地”と言える代々木で3年ぶりだった。ライブ前には自身のSNSで目を閉じた写真とともに「#ド緊張してて」など心境の変化もうかがわせる投稿もあった。ライブ後の元日には「今年の抱負は変わらず『Show must go on!』何があっても何が起きても絶対にステージに背は向けない、夢から逃げ出さない。そう思わせてくれる大家族がわたしには居るから」などと投稿していた。

報知新聞社

最終更新:1/2(木) 12:28
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事