ここから本文です

武田真治、『めちゃイケ』の裏で引退決意&実家にひきこもった過去を告白

1/3(金) 16:00配信

オリコン

 俳優、ミュージシャンの武田真治が、テレビ朝日系で11日に放送される『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特番(後11:15~深0:05)に出演。完璧じゃないと満足できず、“できない自分”に絶望しちゃった先生として授業を行う。

【写真】生徒役で浜辺美波が初登場

 サックスを演奏しながら華麗に教室に現れた武田先生を、生徒たちは大盛り上がりで迎えるが、今回、武田先生はこれまで誰にも言わず、ずっと秘めてきたしくじりをテレビ初告白すると宣言し、教室は騒然となる。

 17歳でデビューして以来、数々のドラマや映画、バラエティーで活躍。サックスプレイヤーとしての実力も高い評価を受けてきた、武田。人気バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)にも出演していた裏側で、《芸能界引退を事務所に申し出る》《怪しい自己啓発セミナーにだまされる》《北海道の実家でひきこもり生活を送る》、という地獄を味わっていたと明かす。

 その原因として、武田は「完璧じゃないと満足できず、“できない自分”に絶望してしまったから」と自己分析。自分で思い描いていたベストな結果を出すことができなかった時、ひたすら自分を追い込んでしまい、完璧ではない自分に絶望してしまったという。

 授業では、武田がひきこもりになるまでの全真相を激白。学生時代、勉強もスポーツも音楽もできてモテモテだった先生は“世界から俺は求められている”と信じて疑わず、16歳で『ジュノンスーパーボーイコンテスト』のグランプリを獲得しデビューを果たしたときも自信満々だったと振り返る。

 その後、“フェミ男ブーム”で大ブレークも経験。そんな輝かしい芸能生活を歩んでいたはずの武田が、日常生活すらままならないほどのうつ状態となり、ひきこもり生活を送るようになった原因とは!? 今回は、その経緯と当時の暗黒生活の全貌、今まで秘めてきたしくじりをすべて吐き出していく。そして、自分に立ち直るきっかけを与えてくれたのは、ある人物だと告白。いったいその“恩人”とは誰なのか!?

 今回、土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(2月1日スタート、毎週土曜 後11:15~深0:05)で主演を務める浜辺美波が、生徒役で『しくじり先生』初登場。『東宝シンデレラオーディション』をきっかけにデビューした浜辺は、武田が『ジュノンスーパーボーイコンテスト』で優勝したときの心境にビックリ。さらに、武田から、ある“無茶ブリ”をされてしまうハプニングも…!?

 『めちゃ×2イケてるッ!』で共演していたオアシズ・光浦靖子も生徒役で出演。光浦は、当時の武田の苦悩をまったく知らなかったと、がく然とする。授業のクライマックス、武田は自分を追い詰めて苦しんでいる人々に向けてこん身のメッセージ。理想と現実のギャップに苦しみ、どん底を経験した武田がたどり着いた境地とは!?

 AbemaTVでは地上波と同時間帯に、武田先生の教科書を完全再現し、スマホを片手に一緒に授業を受けている感覚で番組を楽しむことができる完全連動企画を実施。さらに「Abemaビデオ」では、地上波放送直後(深0:05~)から武田先生の授業“完全版”を配信。

最終更新:1/4(土) 21:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ