ここから本文です

1メートル以内のショートパットは絶対決めたい! グリップ・アドレス・ストロークの基本

1/4(土) 20:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

スコアを作るうえで、なんとしても1打で済ませたいのが1メートル以内のショートパットだ。今回はアドレスから打つコツまで、ショートパットをきっちり決めるための基本を、人気レッスンプロ・原田修平に教えてもらった。

ショートパットは方向性が大事。まずはアドレスを確認しよう

カップまで距離の短いショートパットを確実に決めることは、スコアを作る上でとても重要です。250ヤードのドライバーショットも、1メートル以内のショートパットも同じ1打ですからね。ではまず、パッティングの基本的な構え方、グリップについて説明しましょう。

通常のショットの場合、アドレスで地面にクラブをセットしたとき、腕とクラブに角度がつきます。しかし、パッティングのアドレスでは、腕とクラブでできる角度が大きいと、体とボールとの距離が遠くなるため、パターフェースの芯でボールを正確にヒットするのが難しくなります。ですので、飛球線後方から見たときに、ひじから先の前腕とパターが一直線になるように構えるといいでしょう。

かといって、ひじをピンと伸ばして、腕を突っ張りすぎてしまうのもNGです。なぜかというと、ひじを伸ばして、腕を突っ張った状態だと、インパクトでフェースにボールが当たったときの衝撃に弱く、ヘッドのブレが大きくなりやすいからです。ひじを軽く曲げていたほうがインパクトの衝撃に強く、ヘッドがブレにくいので打ち出しの方向性が安定するんです。

ショートパットを確実に決めるグリップ

次にグリップの握り方ですが、ボクがレッスンの生徒さんにもおすすめしているのは、グリップを両手で下から包み込むようにして、両ひじを内側に軽く絞る握り方です。グリップを真横や上から被せるように握ると、ストローク中に両わきが開いたり、手先の余計な動きが出やすいため、ヘッドの軌道やフェース向きが不安定になりやすいんです。

グリップを下から包み込むように握ることで、両ひじが締まって固定されるので、体とパターに一体感が生まれ、正確なストロークがしやすくなり、ストローク中にフェース向きも変わりにくくなります。

1/3ページ

最終更新:1/4(土) 20:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ