ここから本文です

箱根駅伝Vの青学大・鈴木 ヴィンセントに「どうぞどうぞ」の真相を告白

1/5(日) 9:06配信

デイリースポーツ

 2、3日に開催された第96回箱根駅伝で2年ぶりに王座を奪回した青山学院大学の選手たちと原晋監督(52)が5日、日本テレビ系の生番組「シューイチ」に出演した。

【写真】往路3区を爆走した東京国際大・ヴィンセント

 3区で1時間切りの驚異的な走りを見せた東京国際大のヴィンセントに抜かれた際の「どうぞどうぞ」ジェスチャーが話題になった鈴木塁人(4年)は「アレ、僕の気持ち的には『引っ張って』って言って前に出して。その後CM行っちゃったんでなんか譲ったみたいになってるんですけど。ホント引っ張ってほしくて。引っ張ってっていうので前に出したら全然ペースが違って、ついていけなかった。正式に言えばついていけなかった。敬遠したわけじゃなくて、勝負しに行って負けたって感じですね。僕のペースよりちょっと早かったんで、引っ張ってって前に出したら、全然違ったですね。もうF1ですね。エンジンからタイヤから全部違いますね。速すぎて笑っちゃいましたね」と、苦笑いしつつ振り返った。

 とはいえ、鈴木も2位でタスキを渡しており、「ヴィンセント選手来ましたけど、まあ、自分の走りはできたのかなというふうに思ってますね」、「自分のペースで押していけましたし、前半も僕自身もいいペースで行けてたので、(ヴィンセントが速くても)そこは冷静になってというか」と、自身の走りに納得はしていた。

最終更新:1/5(日) 9:13
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事