ここから本文です

「牛神さま」に家内安全など祈願 岡山・備前、田倉牛神社で初大祭

1/5(日) 21:59配信

山陽新聞デジタル

 「牛神さま」で知られる田倉牛神社(たくらうしがみしゃ、岡山県備前市吉永町福満)で5日、恒例の初大祭が開かれた。県内外からの参拝者が牛の置物を奉納し、家内安全や無病息災などを祈願した。

 祭神は農耕や健康の神とされる牛頭天王(ごずてんのう)で、ご神体の牛の石像がある神座前には30万体以上とされる備前焼の牛の置物が積み上げられている。参拝者は持参した1体を供えて願掛けし、積まれた中から別の1体を持ち帰る。願いがかなうと、持ち帰った置物と新たな1体を奉納する「倍返し」の習わしがある。

 今年は日曜日と重なり、大勢の家族連れらが朝早くから参拝。置物を供えて手を合わせ、神座を囲む柵の間から手を伸ばして別の置物を持ち帰っていた。

 家族で毎年訪れているという備前市立小学校の5年児童(11)は「オーストラリアに留学する姉の安全と、苦手な国語の成績が上がるようお願いした」と話していた。

最終更新:1/5(日) 21:59
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ