ここから本文です

「財布には100円もなかった」ウリ専で食いつなぎ、通院もできなくなったバーテンの男性が初めて頼れた「大人食堂」

1/5(日) 10:57配信

BuzzFeed Japan

「財布には100円もなくて、実家に帰る交通費もない。年末に泊まったマックの無料wi-fiで『年末 炊き出し』などと検索して、ここがあるのを知ったんです」

ウェーブのかかったロングヘアがおしゃれな男性(31)は、一見すると都会を歩く今どきの青年で、生活に困っているように見えない。だが、2019年12月31日に続き、1月4日も「年越し大人食堂」を訪れた。

9連休となった年末年始は、仕事が途絶え、住まいもないなど生活が不安定な人にとって、公的な相談窓口も長期間頼れなくなる厳しい時期。

温かい食事と生活・労働相談を支援団体が無償で提供する「年越し大人食堂」には2日間で102人もの人が訪れた。

東京オリンピック・パラリンピックの開催準備に浮き足立つ2020年の東京。大人食堂が改めてあぶりだした足下の課題は重い。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

日払いの約束も破られ、生活が困窮

静岡県の高校を卒業後、医療事務の資格を持っていても正規雇用の就職先はなかった。手取り12万~13万の非正規の仕事を転々とした。

20代終わりに上京して仕事を探したが、いつまで経っても自立できるほどの収入が得られない。寮が付いているのが魅力で「ウリ専」の仕事に飛び込んだ。1時間の手取り7000円で男性に体を売りながら生活するようになった。

ストレスがたまり、「急性ストレス障害」を発症したのは、昨年春のことだ。感情がコントロールできなくなり、人に暴力をふるって警察沙汰にもなった。

「そのまま2ヶ月入院しました。でも薬を取るか生活を取るかと言われたら、生活を取るしかない。退院してからは、通院もできなくなりました」

昨年11月初め、人間関係がこじれてその仕事も辞め、住むところを失った。

漫画喫茶や24時間営業のファストフードを泊まり歩き、カップラーメンを1日1~2個食べて空腹を紛らわした。

「日払い、寮付き」という条件で、昨年秋からバーテンとして働き始めた。しかし、ふたを開ければ寮は用意されておらず、日払いの約束がいつの間にか3日に1度になり、今では月1度の支払いになっている。

「前借り」という形で毎日食いつなぎ、毎月25日に出るはずの給与は給料日にほとんど残っていない。働いているバーも年末年始に休みとなり、いよいよ手持ちの現金が尽きて、「大人食堂」にたどり着いた。

1/4ページ

最終更新:1/5(日) 10:57
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事