ここから本文です

愛犬の住みやすさとインテリアのこだわりを両立した「住まいの整え直し方」

1/5(日) 12:20配信

magacol

「ペットは家族」なんて使い古された表現で語るつもりはありませんが、これからの人生を考えるうえで、ペットは一昔前に比べても、より欠かせない存在になっています。
では、そんなペットと暮らしていく時に、私たちは何ができるのでしょうか。

ただ可愛がるだけではない、共に生きていくパートナーに対する住まいの“整えなおし”方があります。

今回はペットアイテム販売会社を立ち上げた川田さんのお宅を、1月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

消臭効果のほか調湿性能に優れ、断熱性が高く、耐火性があり、室内の空気を清潔に保つといった効果のある珪藻土の壁、犬の足腰に優しい無垢材の床。リビングは半面のみ床暖房にすることで、床に近い小さい愛犬たちの暑さ調節に。

■好きな色を追求してこだわった結果、まとまりのある部屋に

犬を飼い始めて、自分たち好みの家具やインテリアグッズが少ない……と自らデザインし、オンライン販売する会社を立ち上げた川田さんご夫妻。

「多色使いのファンシーなものが目立っていたペットアイテム。もっとシンプルで好みの色や素材のもので作りたかったんです」。

ウェブデザイナーという本業のほかに、ペットアイテム販売会社「フリーステッチ」を立ち上げ、ペットとの生活に生かしているそう。

「犬と暮らし始めて、我が家のインテリアに馴染まないものを置くことに抵抗がある、と気づきました。そこで、気に入ったものが見つからないなら作ってしまえばよい、と思い立ったのがきっかけに。色や素材にこだわりがあり、白、オフホワイト、オイル仕上げのライトブラウンが中心。

床にはこだわったウッドカラーの無垢材を使用。足腰のあまり強くないチワワに負担の少ない素材です。無垢材をコーティングすることで水を弾き、掃除も簡単。一般的なフローリングだとワックスを塗らないと撥水しないところ、コーティングしてあるので普段の手入れもラクなのが嬉しい。消臭や適度な湿度を保つ珪藻土など、犬のためにこだわった素材から家作りを始めました」。

1/2ページ

最終更新:1/5(日) 12:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事