ここから本文です

ニルヴァーナのメンバーがLAの慈善イベントで再びリユニオン! ベック、セイント・ヴィンセントらと共演

1/6(月) 19:10配信

rockinon.com

ニルヴァーナのメンバーだったデイヴ・グロールとクリス・ノヴォゼリックが、ロサンゼルスで開催された慈善イベントで共演し、再びリユニオンを果たしていたことがわかった。

「Consequence of Sound」によると、デイヴとクリスは現地時間1月4日に行われた「Heaven is Rock & Roll Gala」に出演、ニルヴァーナの元ツアー・メンバーでフー・ファイターズの現メンバーでもあるパット・スメアも加わり、 “Lithium”や“In Bloom”など計5曲をパフォーマンスしたそうだ。

なお、イベントでは“Been A Son”ではセイント・ヴィンセントが、“Heart-Shaped Box”はデイヴの娘ヴァイオレット、デヴィッド・ボウイのカバーとなる“The Man Who Sold the World”ではベックがそれぞれボーカルを務めたという。

ファンが撮影したパフォーマンスの様子は、YouTubeにて見ることができる。


また、セイント・ヴィンセントのInstagramでもパフォーマンスの一部がアップされている。


同イベントの収益については、病気や様々な理由から避難を余儀なくされた人々を支援する団体「The Art of Elysium」に寄付されるそうだ。

デイヴとクリスは、2018年10月にもフー・ファイターズが主催する音楽フェス「Cal Jam 18」でもリユニオンを果たしており、“Smells Like Teen Spirit”など6曲を披露していた。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:1/6(月) 19:10
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事