ここから本文です

荒磯親方どや顔!朝乃山に稀勢魂注入 引退から1年なのに…16勝1敗と圧倒

1/6(月) 7:30配信

デイリースポーツ

 「大相撲初場所」(12日初日、両国国技館)

 荒磯親方(33)=元横綱稀勢の里=が5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋に出稽古に来た新関脇朝乃山(25)=高砂=と三番稽古(同じ相手と続けて何番も取る)を行い16勝1敗と圧倒した。左おっつけで徹底して相手の右差し封じ。大関を目指すホープに頂点を極めた者の技術、相撲道の厳しさを全力で注入した。引退から1年、あまりの強さに元小結で相撲解説者の舞の海秀平氏は現役復帰を懇願。完敗した朝乃山は悔しさをあらわに精進を誓った。

【写真】元横綱稀勢の里 頬を伝う一筋の涙

 これが昨年初場所で引退して1年がたつ親方なのか-。短髪の荒磯親方がいま、一番勢いに乗る朝乃山をたたきのめした。

 最初の一番、豪快なすくい投げで転がし“荒磯ショー”が幕開け。ケンカ四つはほぼ差し勝った。左を固め、強烈な左おっつけで相手必勝の右差しを徹底して封じ込んだ。左四つに組んでは寄り、投げと圧倒。動きも軽快で土俵際、回り込んで突き落とした際には「ヒャハハ~」と“どや顔”で笑った。

 11連勝し、1敗後、さらに5連勝。肩で息をする相手が“スタミナ切れ”で終了。親方は涼しい顔だった。

 一門も違う力士に親方が胸を出すなど異例。「求めて(出稽古に)来るのは素晴らしい」と体で伝えたいものがあった。その一つが右四つ殺し。「本場所のために厳しくいった」。自身と重なる本格四つ。横綱道を後継する力量を認めるからこそ課題を与えた。

 「もっと型にこだわっていけばいい。そうすると息が上がらない。型と馬力。そこを付ければ強い大関になる。その上も目指せる。朝乃山の時代が来る」とハッパをかけた。

 朝乃山も惜しみなく注入してくれた“稀勢の里魂”に感激。「横綱(荒磯親方)とは当たらないけど、(本場所で)勝って白星を届けるのが恩返し」と応えることを誓った。

 「改めて相撲は楽しい!」と爽快な荒磯親方だったが、親方の強さに周囲はあ然。舞の海氏は「今が一番強い。最強親方。(課題だった)腰高も直っている」と仰天。現役復帰は不可能ながら「ぜひ出てほしい。今場所、出たら優勝でしょう」と太鼓判を押した。

最終更新:1/6(月) 8:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ