ここから本文です

ただ今、コメントが表示されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

落馬負傷の三浦皇成騎手、復帰は「3月頃を目指し」 ギプス固定で治療

1/7(火) 13:25配信

デイリースポーツ

 5日の中山第7レースで落馬負傷した三浦皇成騎手が7日、現状報告のコメントを発表した。

 三浦は「このたびは、応援いただいているファンの皆様をはじめ、関係者の方々にご心配をおかけしました」と謝罪し「怪我の診断は左橈骨・尺骨遠位端骨折、左手月状骨骨折、左側胸部打撲でしたが、幸い骨のズレなどもなく、ギプス固定で治療します。この休養期間で、以前の落馬事故の際、骨盤と恥骨を固定するために入れた、ボルトとプレートを抜く手術も予定しています」と故障の詳細、治療法なども報告した。

 復帰については「3月頃を目指してリハビリに励み」としており、ともに落馬した大塚海渡騎手も頭部外傷、脳挫傷の疑いがもたれていることに「負傷した大塚騎手には一日も早い回復を願っています。大変な事故となってしまいましたが、起きてしまったことは受け止め、前を向いて頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します」とコメントした。

最終更新:1/7(火) 13:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ