ここから本文です

「物足りなく感じた」京都金杯 カテドラルは原因不明の凡走【京都金杯回顧】

1/7(火) 13:07配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 メンバーレベルがけっして低いとは思えなかったが、1分34秒0の決着タイムは古馬GIIIとしては少々物足りなく感じた。今の京都が例年のこの時期以上に時計のかかる馬場と見るべきだろうが、期待の大きかった馬が凡走した側面も見逃せない。

 サウンドキアラは、好位で流れに乗りつつ脚を溜め、直線で余力十分に抜け出したもの。緩めの流れや53キロのハンデにも恵まれたとはいえ、直線がフラットで少し時計のかかる馬場のマイル戦が、この馬には最も合っていたと言える。今後の目標は、当然ヴィクトリアマイルということになるはずだが、7着だった昨年以上の期待をかけてもいいだろう。

 2着ダイアトニックは、中団のインで脚を溜めて直線で目立つ伸び脚を見せた。勝ち馬とは4キロ差のトップハンデであったことを考えても立派な内容であり、今年はマイル路線で大きなところも狙える馬だ。

 3着ボンセルヴィーソは、道中2番手が渋太く粘り込んだもの。他の有力馬の凡走にも助けられたとはいえ、マイル戦で結果を出したことは今後に繋がるだろう。

 4着ソーグリッタリングは、好スタートを切ったが大外枠ゆえに中団の外目を追走する形に。直線では外から一瞬見せ場があったが、今日のところは枠順の不利が全てだと言っていいだろう。

 5着ブレステイキングは、初のマイル戦とあってか後方からの追走となった上に、これまた枠なりに外を回るロスもあった。それでも掲示板に載ったのは地力強化の証明と見ていい。

 カテドラルは、後方をついて回っただけ。今日のような馬場が合わなかったことは確かだが、それにしてもここまで負けるのはそれ以外の原因もあったと思える。

最終更新:1/7(火) 13:07
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ