ここから本文です

サカナクション山口一郎&田中裕介が語る LIVE Blu-ray / DVDのこだわり

1/7(火) 20:20配信

TOKYO FM+

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。映像ディレクターの田中裕介さんをゲストに迎え、田中さんが手掛けた1月15日(水)リリースのLIVE Blu-ray / DVD『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194“ 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-』について語りました。
(TOKYO FM「サカナLOCKS!」1月3日(金)放送分)

山口:田中裕介監督には、前回行われた『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194“ 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-』の、LIVE Blu-ray / DVDの映像と、ジャケットアートワークと、パッケージデザインも全部担当していただきました。過去にパッケージはやってもらったじゃないですか。

田中:そうですね。三角形が開くやつ。(『SAKANAQUARIUM 2015-2016 “NF Records launch tour“ -LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』)。

山口:あれも面白かったですけど、今回のこのツアーは、ライブ本編映像も田中監督にお願いしていて、ジャケットとかも全部やってもらったということで。

田中:あのー……大変でしたね(笑)。

山口:(笑)。

田中:大変だったけど良かったです。やっぱり、2時間ものの編集って超大変で。

山口:映画くらいですもんね。

田中:ですよ。ただ、ちょっと思い入れがあったから、自分の手でやりたくなってしまって。1週間くらい引きこもってやった(笑)。

山口:嘘!?(笑)。

田中:1週間一切外出せず、引きこもってやった(笑)。だから中の映像の編集も、結構僕のエモーションが入っていると思う。

山口:へー。でも、そこからジャケットやアートワークのデザインに入っていくわけじゃないですか。どうですか?

田中:これも、ライブの中の「ユリイカ」の演出が、そのままパッケージになっている、って考え方になっているんです。

山口:ステージの前に紗幕があって、ステージ後方にLEDパネルがあって、その間のステージで僕らが演奏しているっていう。紗幕にも映像が出ているし、LEDパネルにも映像が出ているっていうあのシーンですよね。

田中:そう。今回のパッケージは、表に東京の風景で裏に小樽の海。東京の海と小樽の海……中身を抜くと「あ……!」ってなるっていう。

山口:なるほどね。ネガのように2枚の写真がね。

田中:そう。実は透明でね、重なるみたいな。

山口:裏から見ると逆の数字になっていて、1月から始まるツアータイトルのルックバックになるっていうことですよね。つまり、『834.194』を振り返って見ているっていう。

田中:そう。だから、コンセプトが繋がったものが結構できたから、良かったなって思いますね。

最終更新:1/7(火) 20:20
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事