ここから本文です

<佐藤健>ドSセリフへの反応に心を痛める日々? 「普段は温厚」と語るも共演者からツッコミ

1/8(水) 14:49配信

毎日キレイ

 俳優の佐藤健さんが1月8日、東京都内で行われた1月14日からスタートするドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜10時)の舞台あいさつに、主演女優の上白石萌音さんら共演者とともに登場。周囲から“ドS”と見られ、「魔王」と恐れられているドクターの天堂浬(かいり)を演じる佐藤さんは、「現場では、上白石さん演じる七瀬に心ない言葉を浴びせ続け、上白石さんをはじめ、共演者の皆さんに『ひどいひどい』と言われて、心を痛める日々です……」とジョークめかして告白。天堂との共通点を聞かれると、「皆さんご存じの通り、本当に普段は温厚なので、(共通点は)ございません(笑い)」と言い切っていた。

【写真特集】かっこよすぎ!白衣姿の佐藤健

 すかさず、上白石さんは「片りんはある。“ミニ天堂”出てきたなってことある」と佐藤さんにツッコミ。今回が連ドラ初出演となるお笑いコンビ「ミキ」の兄・昴生さんは、「僕が芝居するたびに首をかしげるのやめてほしい! あれ、すっごい“魔王”!」と役柄に絡めてクレーム。さらに、「佐藤さんの目だけ怖い」「佐藤さん厳しい」とひたすら佐藤さんを意識している様子。

 当の佐藤さんは、「1話、上手だった。びっくりしました。めちゃくちゃよかったです。初めてとは思えない素晴らしい演技でした」と褒めたかと思えば、「佐藤健の顔色うかがうよ。どこまでも」という昴生さんに対して、コメントを求められ「特にないです」と素っ気なく語るなど、ツンデレっぷりを披露。昴生さんは、「時々やさしくしたりする。キュンキュンする。抱かれたい」と佐藤さんに翻弄(ほんろう)されているようだった。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。この日の舞台あいさつには、毎熊克哉さん、渡邊圭祐さん、吉川愛さん、堀田真由さん、香里奈さんも出席した。

最終更新:1/10(金) 12:08
毎日キレイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事