ここから本文です

〔東京外為〕ドル、108円台半ば=終盤は動意薄(8日午後5時)

1/8(水) 17:30配信

時事通信

 8日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、終盤には動意が乏しくなり、1ドル=108円台半ばで推移した。午後5時現在は108円41~41銭と前日(午後5時、108円33~33銭)比08銭の小幅ドル高・円安。
 ドル円は海外市場で108円60銭台まで買われたものの、東京時間の早朝から、イランによる米軍基地攻撃を受けて急落。一時107円60銭台を付けた。その後、イラン側の「戦争を望んでいない」という発言が伝わり、急速に買い戻され、108円40銭近辺に浮上。午後は同水準で静かな取引だった。
 市場では「この後、米国がさらに報復に出る可能性は大きいのではないか」(大手邦銀)との見方が多い。その場合、「107円を割るか、試しにいくのではないか」(FX会社)と円高への警戒も広がっていた。
 ユーロは終盤、対円、対ドルともにもみ合い。午後5時現在は1ユーロ=120円90~91銭(前日午後5時、121円03~03銭)、対ドルで1.1152~1152ドル(同1.1174~1174ドル)。

最終更新:1/8(水) 19:26
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ