ここから本文です

ゴーン被告逃亡問題には日本政府の威信かけて取り組む 菅官房長官に聞く

1/8(水) 12:00配信

FNN.jpプライムオンライン

2020年初回の「プライムニュース」放送で、菅義偉内閣官房長官を迎え、外交・経済など様々な課題について聞いた。年末年始の日本を騒がせたゴーン被告の国外逃亡、そしてIR(統合型リゾート)と献金の問題。緊張高まるアメリカとイランの関係の中、ホルムズ海峡への自衛隊派遣を行う日本の立場は。幅広い内容について政府としての展望を尋ねた。

【画像】ゴーン被告逃亡問題には日本政府の威信かけて取り組む

「絶句した」ゴーン被告逃亡問題について日本政府の立場は

反町理キャスター:
保釈中のゴーン被告が違法に出国した事態を、政府としてどう受け止めていますか?

菅義偉内閣官房長官:
事実関係については現在確認中、捜査中。だが、ゴーン被告が不正な手段で不正に出国したことは事実であり、政府として極めて遺憾に思っている。今回の出国に至った経緯をしっかりと解明して、政府として二度とこうしたことが起こらないような対応を行っているところです。

反町理キャスター:
保釈や出入国管理の制度そのものに問題はなかったでしょうか。今後制度の改正により強化することは?

菅義偉内閣官房長官:
我が国の司法制度は適切に運用されていると思っています。ですが、こうした事実が明らかになったわけだから、それについて様々な問題・事実関係を解明する。その結果、二度とこのようなことが起こらない体制が必要です。

反町理キャスター:
国外逃亡したという話を聞いたときの、官房長官ご自身の最初の感想はどんなものでしたか?

菅義偉内閣官房長官:
私自身これを最初に聞いたときに、絶句したというか。いろいろと噂もされていましたから、遺憾だと思いました。

ゴーン被告の声明:(2019年12月31日)
「私は今レバノンにいる。もはや私は有罪が前提とされ差別が蔓延し基本的人権が否定されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなる。日本の司法制度は国際法や条約の下で守らなくてはいけない法的な義務を目に余るほど無視している。私は正義から逃れたのではない、日本の不公正と政治迫害から逃れたのだ。」

反町理キャスター:
ゴーン被告は政治的迫害をされていたと感じていますか?

菅義偉内閣官房長官:
私は全くないと思う。一般の方と同等に扱っている。そこが基本ですから。

反町理キャスター:
15億円の保釈金に加え、今回の脱出にかかった金額を考えると合計25億~30億という金をかけて脱出したと考えられます。「金があれば国外脱出できる」という先例ができてしまったのでは。

菅義偉内閣官房長官:
法の下の平等が担保されるように、再び不法な手段で不法に出国するようなことが二度とできないようにすることが大事。

反町理キャスター:
このような声明を出していることを見ると、ゴーン被告は逃げ切ったつもりでいる。日本に取り戻す方法はあるのでしょうか。

菅義偉内閣官房長官:
政府としていち早くICPOに申請して、国際手配を受け付けてもらっています。このような様々な外交的な手段を行使しながら行っていきたいと思っている。

反町理キャスター:
日本政府の威信をかけて、政府として取り扱うべき案件と考えているか。

菅義偉内閣官房長官:
これだけの大きな事案なので、当然そう思います。

1/2ページ

最終更新:1/8(水) 12:00
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ