ここから本文です

西岡良仁 王者ナダルに健闘もストレート負け、2時間超え熱戦の末に力尽きる<男子テニス>

1/8(水) 15:09配信

tennis365.net

ATPカップ

男子テニスの国別対抗戦ATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)は8日にグループB第3戦のシングルス第2試合が行われ、世界ランク72位の西岡良仁は同1位のR・ナダル(スペイン)に6-7 (4-7), 4-6のストレートで敗れた。

【西岡「不愉快な試合でした」】

この日、西岡はナダルのスマッシュに対しカウンターショットを決めるなどで会場を沸かせ、第5ゲームでブレークする好スタートを切った。続く第6ゲームでは40-0としたが、ここから5ポイント連取を許してブレークバックされる。

その後、西岡がナダルからミスを誘いだして再びリードし、第10ゲームではサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、またもブレークバックを許し、タイブレークの末に第1セットを落とす。

第2セットも両者白熱したラリー戦を展開する中、西岡は第9・第10ゲームを連取されて2時間を超える熱戦の末に力尽きた。

日本とスペインの組み合わせは以下の通り。

シングルス第1試合:添田豪 2-6, 4-6 R・バウティスタ=アグ(スペイン)

シングルス第2試合:西岡良仁 6-7 (4-7), 4-6 R・ナダル

ダブルス:マクラクラン勉/ 西岡良仁 vs P・カレノ=ブスタ(スペイン)/ R・ナダル

最終更新:1/8(水) 15:12
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ