ここから本文です

プライベートジェットの保安検査を義務化「レアケースのために手間暇かけるのは日本の悪しき完璧主義」次なる逃亡を防ぐには?

1/8(水) 14:28配信

AbemaTIMES

 ゴーン被告の逃亡先であるレバノンまでの足取り、そして多くの協力者がいたことが明らかになってきた。

【映像】「逮捕はクーデター」ゴーン被告何語る?

 住居を出た後、近くのホテルで逃走を手助けしたとされる外国人の男2人と合流、タクシーで品川駅まで移動し、新幹線で新大阪駅に向かったという。そして3人は関西空港近くのホテルに入ったが、1時間半後に出てきたのは大きな黒い箱を運ぶ男2人だけ。つまり、ゴーン被告はこの箱の中に入っていた可能性があるというのだ。トルコ紙「アクシャム」は、関西空港のプライベートジェット専用ゲートにあるX線検査の機械には箱が入らないため手持ちの探知機で検査を受けたが、気づかれることはなかったと報じている。そして米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、逃亡劇には10~15人が関わり、少なくとも10カ所の空港を下見した上で、関西空港の脆弱性を確認したと報じた。

 さらに日本を出た後にも協力者の存在が浮かび上がってきている。トルコ検察によると、逃亡に関わった疑いで3日に逮捕されたトルコの航空会社の幹部の男は、同じく逮捕されたパイロット4人に対し、イスタンブールへのフライトに関する情報を事前にメールで送信。捜査当局は幹部の男がイスタンブールまでの逃亡に関して主導的な役割を担っていたと見ているようだ。

 今回の事態を受け、赤羽一嘉国土交通大臣は「羽田、成田、関西、中部の4つの空港で大きな荷物の検査を義務化」「全国97空港管理者に対して保安検査を義務付けるよう通知」と、プライベートジェットの保安検査強化を表明している。

 「カジノが差し回したプライベートジェットに何度か搭乗した」と話す大王製紙元会長の井川意高氏は「羽田から乗ったが手荷物検査はあった。今回は大き過ぎてできなかったということだが、自分が乗るプライベートジェットに爆弾を乗せる人はいない。こんなレアなケースのために手間暇をかけるのは、1000年に1度の洪水のための10mの堤防を作るようなものだ。日本には“悪しき完璧主義”があるし、政府がポーズを取るためだろう」と批判。

1/3ページ

最終更新:1/8(水) 14:28
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ