ここから本文です

綾瀬はるか「ホリプロ女優四天王」頂点の座に…ぎぼむすSPも高視聴率

1/9(木) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 2日に放送された綾瀬はるか(34)が主演したTBS系ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」が平均視聴率16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。「義母と娘のブルース(通称・ぎぼむす)」は18年7月期の連ドラでは全10話平均14・2%の視聴率を獲得。同名4コマ漫画を原作に、8歳の娘を持つ男性と結婚したキャリアウーマン(綾瀬)の10年間の奮闘を描き、今回のSPではドラマの最終回から1年後をオリジナル脚本で描いた。

「年末年始に連ドラ版を一挙に放送し、さらに綾瀬自身も年末年始の番宣に奮闘。大みそかの紅白で紅組の司会を務めたこともあって、視聴者の関心は高かったようです。綾瀬にとって『ぎぼむす』は、日本テレビ系の連ドラで主演、その後に映画化された『ホタルノヒカリ』を超える代表作になりました」(テレビ局関係者)

 綾瀬の所属事務所といえば、深田恭子(37)、石原さとみ(33)、高畑充希(28)の“女優四天王”が主演クラスでしのぎを削っているが、現状、綾瀬が3人を大きくリードしているようだ。

「4人のうち、大河主演と紅白の司会を務めたのは綾瀬のみ。さらに、このところ、男性スキャンダルがないのは綾瀬だけ。今後も安定して大きな仕事が舞い込みそうです」(芸能リポーター)

 2020年も綾瀬の快進撃は続きそうだ。

最終更新:1/9(木) 17:14
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ