ここから本文です

広島・堂林が護摩行「ギリギリの状態でした」11年目のシーズンへ決意

1/9(木) 21:12配信

デイリースポーツ

 広島・堂林翔太内野手が9日、鹿児島市内の最福寺で会沢翼捕手、石原慶幸捕手、小窪哲也内野手とともに恒例の護摩行に臨んだ。

【写真】痛々しいぐらい赤い、会沢の顔面

 4度目の参加となった堂林は、今季に懸ける思いを口にした。「一生懸命やりました。手足がしびれて、ギリギリの状態でした」と炎の前で経を唱えた時間を振り返った。

 昨季は28試合の出場にとどまり、打率・206。11年目のシーズンへ「1年間、1軍の戦力になって」とチームに貢献することを誓った。

最終更新:1/9(木) 21:18
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ