ここから本文です

全国高校ラグビー準V、御所実が報告会

1/9(木) 23:17配信

産経新聞

 第99回全国高校ラグビー大会で準優勝した奈良県立御所実業高校の報告会が9日、同県御所市の同校で行われ、山田貴志校長は「すばらしく輝かしい成績。全身全霊でプレーする姿は、他のどのチームにも勝っていた」と選手たちの健闘をたたえた。

 2年ぶりの出場となった御所実は、Aシードの実力にたがわぬ強さで勝ち進み、5大会ぶり4度目の決勝進出。7日の決勝では桐蔭学園(神奈川)に逆転負けを喫し、悲願の初優勝はならなかったが、堂々たる戦いを披露した。

 87人のラグビー部員が体育館に入場すると、生徒や教職員が温かい拍手で出迎え。生徒会長の2年、吉田海樹さん(17)は「この感動は一生忘れない。これからも御所実の名を全国にとどろかせてください」とメッセージを送った。

 続いてラグビー部を代表し、福岡壮太郎選手が「皆さんの声援が力になった」と感謝の気持ちを述べた上で、「目標の全国制覇を成し遂げることはできなかったが、悔しさを知る1、2年生が来年、再来年もこの舞台に帰ってきて優勝してくれると信じている」と話し、後輩たちに思いを託した。

最終更新:1/9(木) 23:17
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ