ここから本文です

仮想通貨は3カ月で27億円、ダイエットは65日で-22kg。3週間で成功が見える目標達成法

1/9(木) 12:00配信

新R25

新R25読者のみなさま、あけましておめでとうございます。

東京オリンピック開催年であり、日本経済にとっても大きな変化がおとずれそうな2020年が始まりました。

昨年を振り返ってみると、「人生を変えるような転機があった」「成長した実感がある」「なんとなく過ごしてしまった…」など、さまざまな思いがあるはず。

そこで、新R25では年末年始にかけて、これまでの自分の働き方を振り返ったり、心機一転してスタートダッシュをきったりできるような書籍をピックアップする特集を考えました。

その名も「2020年 ジブン改革」。

今回ご紹介するのは、実業家・与沢翼さんの著書『ブチ抜く力』。

「秒速で1億円稼ぐ男」「ネオヒルズ族」と称され、一世を風靡した与沢さんですが、2014年に経営していた会社が解散。一文無しになり公の場から姿を消しました。

「与沢翼はもう終わった」

そう誰もが噂をするなか、与沢さんは持ち前のストイックさを発揮し、約4年の歳月を経て実業家・投資家として見事復活を遂げました。

・仮想通貨に1億3500万円を投資。3か月で27億円にし、そのうち14億円を利益確定

・65日間で91.2kgから69kgまで22kgのダイエットに成功

・世界各地に計40戸、総額45億円分の不動産をすべてキャッシュで購入

驚くべきなのが、ただ復活を遂げただけではなく、最短・最速で結果を出しつづけていたこと。

一体なぜ、与沢さんはここまで結果を出せたのか?

成功の理由を、同書から抜粋してお届けします!

仮想通貨を3カ月で27億円(利益14億円)

2017年7月に仮想通貨を始めました。

既に先行者は数多存在しており、私は圧倒的な後発です。

そこで、試しにビットコインを100万円分だけ買ってみました。すると瞬く間に増えていくので、これはかなり危険だが、投機としては面白いと実感しました。

結局、ビットコインキャッシュというものが誕生したのをきっかけに、それをさらに500万円だけ買ったのです。

ビットコインキャッシュへの評価は生まれた当時ひどいものでしたが、私はビットコインをやめてこちらに集中したところ、2000万円まで増えました。

次に考えたのは、投機的ではなく中長期で持てるものはないかと探し、ファクトムというコインに出会い、それに2000万円全額BETしました。

結局このコインについては私の調査不足を感じ、2400万円くらいになったところでEXITしてしまったのですが、結果的には600万円が1か月半ほどで2400万円になったわけです。

このように小さく始め、小さく結果を積んだ後、私は9月に1億3500万円を不退転の覚悟でリップルにつぎ込み、 14億円の大勝を掴んだわけです。

1/2ページ

最終更新:1/9(木) 12:00
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事