ここから本文です

暴風は次第におさまるも午前中は北風強め 太平洋側は青空 日本海側は北陸中心に不安定

1/9(木) 5:25配信

ウェザーマップ

 きょう(木)は、冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴れて、日中は北陸や東北の日本海側を中心に雨や雪となる見込み。暴風は次第に収まるものの、午前中は北よりの風がやや強く吹く。
 東京はきのう(水)はあまり気温が上がらず寒い一日となったが、きょうの日中は14℃くらいまで上がり、北風が吹くものの日差しのもとでは寒さが和らぎそうだ。

 きょう(木)は低気圧が東の海上へ進み、日本付近は冬型の気圧配置になる。
 朝のうちは日本海側は雨や雪の所が多く、東北は太平洋側でも雨雲や雪雲のかかる所がある見込み。雨や雪の範囲は次第に狭くなるが、北陸は日中も雨や雪が降りやすく、夕方以降は雷を伴う所がありそうだ。山陰や近畿北部も朝晩を中心に雨の所がある見込み。
 一方、太平洋側は晴れて空気が乾燥する。北海道も天気は回復して青空が広がる。

 きのう(水)のような暴風は次第に収まるものの、午前中を中心に東日本や北日本で、北風が強めに吹きそうだ。午後になると次第に冬型は緩んでくる見込み。

 日中の気温は西日本や北陸、東海ではきのうより低く14℃前後の所が多い見込み。それでもこの時季としては高めとなるが、日本海側では北よりの風が冷たく感じられそうだ。また、きのうはあまり気温が上がらなかった東京も14℃まで上がる予想。日差しのもとでは暖かく感じられても、こちらも午前中は北風が強く、また夜は冷えてくるため、服装選びや体調管理に気をつけたい。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:1/9(木) 5:39
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ