ここから本文です

全校生徒が『SDGs』に挑む!【地球派宣言】

1/9(木) 14:31配信

HOME広島ホームテレビ

広島市内にあるノートルダム清心。中学・高校合わせて24クラスあります。
現在、この学校ではクラスごとに『SDGs』に関する取り組みを進めています。

1つ目のクラスでは、電気をつけずに授業や掃除をしていました。このクラスのテーマは「節電」。
節電は、SDGsの
【7】エネルギーをみんなに そしてクリーンに
【12】つくる責任 つかう責任
【13】気候変動に具体的な対策を
にあたります。
去年秋には、暑い中、ドアや窓を開けてエアコンをつけずにいました。

2つ目のクラスでは、小さくなったチョークを集め、そのチョークを叩いて砕き、粉にしてハートの形などの再生チョークを作っていました。ユニークな形の手作りチョークは、自分たちで使用し、新しいチョークをジンバブエの子供達に送っているそうです。
この取り組みは、SDGsの
【4】質の高い教育をみんなに
【12】つくる責任 つかう責任
にあたります。

3つ目のクラスは、お弁当でSDGsの活動を行っていました。卵やブロッコリー、豚肉や鶏肉、今が旬のカキといった広島県産を使った地産地消のお弁当。実は、地産地消の材料を使う事で、輸送の燃料削減や二酸化炭素の排出量を抑えています。
この取り組みは、SDGsの
【15】陸の豊かさも守ろう
にあたります。
弁当を作ってくれる母親は、SDGsについて知らなかったようですが、学校で取り組んでいる娘さんが教えたそうです。

来年、創立70周年を迎える記念に、何か取り組みたいと生徒たちが始めたのが、SDGsの実践でした。
学校の教育理念である「心を清くし愛の人であれ」から今回の取組が決まったそうです。今後、SDGsの活動をどう継続していくか。課題に向けて生徒たちはこれからも考え、行動していきます。

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』地球派宣言コーナー(1月8日放送)

最終更新:1/9(木) 14:41
HOME広島ホームテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ