ここから本文です

FPS『DOOM』&『DOOM II』現行機種対応版がアドオンに対応し、ジョン・ロメロによる第5エピソード“SIGIL”などがプレイ可能に。60fps&クイックセーブ対応も追加

1/10(金) 10:02配信

ファミ通.com

文:ミル☆吉村

 FPSの元祖的タイトルである、『DOOM』とその続編『DOOM II』。Xbox OneとNintendo Switchで販売されている現行機種対応版がアップデートされ、秒間60フレームでの動作やクイックセーブ機能、そしてアドオンへの対応などが追加された。


 アドオン機能では、『DOOM』25周年を記念してオリジナル版のゲームデザイナーであるジョン・ロメロ氏が手掛けた第5エピソード“SIGIL”(『DOOM』用)のほか、1996年の『Final DOOM』に収録された“TNT: Evilution”と“The Plutonia Experiment”(両対応)、そしてXbox 360版『DOOM II』に収録された“No Rest for the Living”(『DOOM II』用)が無料で配布中。
ジョン・ロメロ氏による初代『Doom』第5エピソード“SIGIL”が無料配信開始。バケットヘッドによるサントラ付き有料版も
https://www.famitsu.com/news/201905/31177125.html
 なお、アドオンの配布はベセスダ・ソフトワークスがテストして許可したWAD(※)のみというスタイルで提供予定となっており、海外DOOMコミュニティと連携して拡大を目指していくとのこと。

(※初期『DOOM』シリーズにおけるコンテンツ用のファイル形式で、現在で言うMODの配布に利用された)

最終更新:1/10(金) 10:02
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事