ここから本文です

“早期の衆院解散”を否定 自民党新春の集い

1/10(金) 20:15配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

自民党の選挙対策委員長は10日開かれた自民党県連の新年会で、早期の衆議院の解散はないと明言しました。

「知事選挙は3月で野党はその前に衆議院の解散があるのではないかと準備を始めているとのことですが、それはありません」(自民党・下村博文選挙対策委員長)

自民党所属の国会議員や友好団体の代表など約730人が出席した自民党県連の新年会で、来賓として出席した自民党の下村博文選対委員長は、早期の衆議院の解散を否定しました。

その上で、桜を見る会やIR汚職事件の影響について「国民に説明をしながら党をたて直していく必要がある」と引き締めました。

また3月に行われる県知事選挙については、解散後の選挙戦を優位に進めるためにも圧勝する必要があるとしました。

なお、県知事選には現職の蒲島郁夫さんと、元熊本市長の幸山政史さんが立候補を表明しています。

RKK熊本放送

最終更新:1/10(金) 20:15
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事