ここから本文です

荒川河川敷に男性の遺体 鉄パイプにマフラー結び首つる 作業中の清掃員が発見、目立つ外傷なし/川口

1/10(金) 8:26配信

埼玉新聞

 8日午前10時5分ごろ、埼玉県川口市川口2丁目の荒川河川敷で、40~70歳ぐらいの男性が首をつっているのを、除草作業中の男性清掃員(46)が発見して110番した。警察官が駆け付け、男性はその場で死亡が確認された。

お父さん流血…息子が通報、殺害容疑で妻逮捕「けんかで刺した」 妻が路上で騒ぎ、県警が保護した日も

 川口署によると、男性は河川敷に設置された鉄パイプにマフラーを結んで首をつっており、座ったような状態で見つかった。目立った外傷はないという。男性は身長約167センチの中肉。灰色ジャンパーに茶色の長袖セーター、茶色の長ズボンをはいていたという。同署で身元を調べている。

最終更新:1/10(金) 8:26
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ