ここから本文です

韓国 けさのニュース(1月10日)

1/10(金) 10:08配信

聯合ニュース

◇韓国安保担当トップ トランプ氏と異例の面会

 韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が8日(米東部時間)、トランプ米大統領と面会したことが分かった。今回の面会は鄭氏が韓米日3カ国の安全保障担当トップによる協議に出席するため訪米し、ホワイトハウスを訪問したのを機に行われ、極めて異例のこととして朝鮮半島情勢とあわせて注目されている。ホワイトハウスは9日、トランプ氏が鄭氏、日本の北村滋国家安全保障局長と短時間面会したと発表した。トランプ氏と鄭氏は北朝鮮の関連状況を共有し、新たな挑発を防いで北朝鮮を再び交渉のテーブルにつかせ、米朝関係の突破口を開くための方法を議論したとみられる。

◇韓国法相 最高検幹部らの左遷人事批判を「正面突破」

 秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は9日の国会法制司法委員会で、大検察庁(最高検)幹部らの交代人事を巡る論争に対して正面突破する意志を示した。就任後初めて国会に出席した秋氏は、会議終盤の懸案質疑で「(検察庁法に)私が違反したわけではない。検事総長が私の命に背いた」と強調した。検事の任命などで検事総長の意見を聞くように定めた検察庁法に違反したとの主張に反論したもので、与党や青瓦台を狙った検察の捜査を無力化するために検察幹部に対する左遷人事を強行したとの批判に対する強い不満を表したものと受け止められる。

◇首都圏などでPM濃度上昇 ソウルは氷点下の朝

 10日は全国的に晴れ、中西部地域と南部の一部内陸地域で粒子状物質(PM)の濃度が上昇するとみられる。国立環境科学院は、大気が停滞して国内で発生した粒子状物質が蓄積し、首都圏と江原道西部、世宗、忠清北道、大邱で「悪い」(高い)レベルになると見通した。大田、忠清南道、慶尚北道は午前中一時的に「悪い」レベルに上昇し、その他の地域は「普通」レベルと予想される。ソウルの午前5時現在の気温は氷点下4.3度で、最高気温は全国で3~11度と前日(0~10度)より少し高くなりそうだ。

◇韓国が白星発進 サッカーU23アジア選手権 

 タイで開かれているサッカーの東京五輪アジア最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権で、韓国は9日の1次リーグC組初戦の中国戦に1―0で勝利した。韓国は攻め込む時間帯が多かったが、なかなか決定機をつくれなかった。しかし終了間際、FWイ・ドンジュンが決勝ゴールを決めた。韓国代表は12日にイランと、15日にウズベキスタンと対戦し、1次リーグ突破を目指す。

最終更新:1/10(金) 10:08
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事