ここから本文です

日産ブースは世界限定50台のGT-R、オーテックのエルグランド コンセプトカーなど展示

1/10(金) 20:54配信

Impress Watch

 1月10日~1月12日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催されている「東京オートサロン 2020」の日産自動車ブースでは、2019年9月にマイナーチェンジした「スカイライン」のコンセプトカーや世界限定50台の「Nissan GT-R50 by Italdesign」、50周年を迎えた「GT-R」や「フェアレディZ」の特別仕様、オーテックブランドのコンセプトカーなどを展示した。

【この記事に関する別の画像を見る】

■SKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT

 新型スカイラインのエクステリアをマットブラウンとマットシルバーの2トーンカラーに加え、伝統のサーフィンラインをイメージしたカラーリングでさらなるラグジュアリーを表現。インテリアも上質な2トーンレザーシートにしたことで内外の一体感を演出した。

■2019全日本JAPAN EV-GPシリーズ仕様:NISSAN LEAF e+

 2019年全日本JAPAN EV-GPにモータージャーナリスト国沢光宏氏が参戦した「NISSAN LEAF e+(ブルースイッチ号)」。専用サスペンションやリアウィングなどを施したEVレース仕様で、EV-2クラス(モーター出力100kW以上~161kW未満の市販車両)で数度の優勝を果たしている。

■NISSAN GT-R 50th Anniversary

 GT-Rの2020年モデルのPremium editionを、日本グランプリで活躍したレーシングカーのエクステリアをモチーフとした2トーンカラーに。特に2020年モデルの新色として採用した「ワンガンブルー」は、高品質の専用ホワイトステッカーとの組み合わせでより際立ったコントラストを演出。リアには「GT-R 50th Anniversary」をあしらったバッジとステッカーを配置。インテリアには上質なセミアニリンレザーを使用し、50周年記念にふさわしい高級感あふれるキャビンに仕上げている。さらにセンターコンソールやメーター内、シートやキッキングプレートなどにも50周年を記念するロゴを配している。

■FAIRLADY Z 50th Anniversary

 1970年にアメリカのSCCAレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインをアレンジしつつ再現。インテリアには、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラのステアリングのほか、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムを採用。

 また、シート、シフトノブまわりやメーター内に50周年記念ロゴを配すると共に、多くの専用装備で50周年の特別感を演出している。フロントフェンダーにステッカーを、リアには50周年記念を象徴するバッヂを装備し、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチアルミホイールを装着する。

■ELGRAND AUTECH CONCEPT

「AUTECH」は多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーを、ブランドのアイコニッックカラーとしている。

■Nissan GT-R50 by Italdesign

 GT-R NISMOをベースに、日本のハイパフォーマンスとイタリアのクラフトマンシップの共存が作り上げた「Nissan GT-R50 by Italdesign」。世界で限定50台となる本車両は2020年に始まる予定という。

 そのほか、詳しい情報や車体価格などについては、GT-R50 by Italdesignの公式サイトを確認いただきたい。

■NISSAN GT-R NISMO

 2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用し、アクセルを踏み込んだ際の加速レスポンスを向上。また、新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能、サーキットにおける高Gでの効きの良さと一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現している。さらに、新開発のキャリパーは世界最大級の直径410mm、さらに1000℃を超える超高温でも変色しづらい高耐熱イエロー塗装を採用し、2020年モデルの足元に新たなアクセントを与えている。外装部品には車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を採用したことに加え、新開発のレカロシートなど合わせて軽量化を実現し、コーナリング性能も大きく向上している。

■SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT

 新型スカイラインに「R」を冠した400Rを、よりレーシーに仕立てたというコンセプトカー。エクステリアはスポーティな印象を与える新規フロントバンパー、リアバンパー、リヤスポイラーをはじめ、20インチ鍛造ホイールを装備。ボディはホワイトシルバーとマットブラックをベースにフローセントグリーンのアクセントを配し、圧倒的なエンジンパワーと極限まで追求した走りのポテンシャルが余すところなく表現されている。詳しくはコチラを参照のこと。

Car Watch,編集部:塩谷公邦

最終更新:1/10(金) 20:54
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事