ここから本文です

ダニエル・リカルドの加入でルノーは“丸裸”に? 「我々はうぬぼれていたかも」とチーム代表

1/11(土) 10:49配信

motorsport.com 日本版

 ルノーは2019年、グランプリウイナーであるダニエル・リカルドを新たに迎えてシーズンに挑んだが、信頼性やアップグレードの問題、日本GPでの失格騒動などネガティブな話題が多く、期待外れのシーズンに終わったと言える。

【写真全5枚】美しきF1マシン:流れるようなクビレ、ボディライン……フェラーリ640

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2019年は苦しいシーズンを過ごしたものの、リカルドの加入はチームにとって言い訳のできない状況を作ったため、良いことだったと語った。

「私としては、2019年はチームが“丸裸”になった1年だと思っている」とアビテブールはmotorsport.comによる独占取材の中で語った。

「素晴らしいドライバーとより良くなったエンジンがあったので、我々が“隠れる”場所はなくなったのだ。そのおかげで、我々がどういったアクションを取るべきかが分かった」

 アビテブールはまた、チームが直面した困難が、なぜ物事が機能しなかったのか分析するきっかけを作り、これまでに見落としていた問題を浮き彫りとすることにつながったという。

「我々が見つけた問題は、昨年(2018年)から既にあったものだと思う」とアビテブールは語った。

「ただ2018年は前年から進歩した年だったので、それが見えづらかったのだと思う」

「我々は(2016年のワークス参戦再開以降)9位から6位、6位から4位へと順位(コンストラクターズランキング)を上げていったので、少しうぬぼれていた部分があったかもしれない。チームに残された弱点を見つけるにはこのような(2019年のような)年が必要だったと思う。なぜなら、チームスタッフの一部はロータス時代からの人間で、そういったことに十分な注意を払っていなかったんだ」

「だから私は、この1年は無駄ではなかったと感じる。こういった困難がなければ、今まで以上に前進することはできないだろう」

 リカルドが加入したことによって、チームにあまりにも大きな期待がかかってしまったのか? そう尋ねられたアビテブールは次のように返した。

「その質問に対する答え方は、今と数カ月前では変わってくるだろう」

「我々は今季、これまで通りのことをやってきた。そんな中で我々が色々と苦労してしまったのは色々なプレッシャーがかかったからというのもあるだろう。ただ私としては、結果的にチームの現状があらわになったことは良いことだと思っている」

Jonathan Noble

最終更新:1/11(土) 10:49
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ