ここから本文です

<横浜流星>「シロクロ」でGP帯初主演も「僕はまだまだ未熟者」 「あな番」共演の田中圭から影響も

1/12(日) 7:10配信

MANTANWEB

 女優の清野菜名さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演する、連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)が1月12日にスタートする。今作がゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)初主演となるも「僕はまだまだ未熟者」と語る横浜さんに、“座長”としての心構えなどを聞いた。

【写真特集】やっぱり“無敵ピンク”? ゆりゆり横浜流星の写真を一挙公開… 黒髪もいい!!

 ◇GP帯初主演は「不安だけど、楽しみながらやろうと思う」

 ドラマは、“ミスパンダ”こと川田レン(清野さん)と、レンを操る“飼育員さん”こと森島直輝(横浜さん)の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)から依頼を受け、世の中のグレーな事件に白黒をつけるオリジナル作品。

 オリジナル作品ということもあり、現場の雰囲気は「みんなで『これどう?』『こう動いたら?』と意見を出し合っていて、すごく楽しいです」。横浜さん自身も、直輝の動きなどでアイデアを出しているそうで、「みんなが楽しんでいる感じが伝わってきて、いい空気が流れていますね」と声を弾ませる。

 座長として意識していることを「『清野さんがいて、僕』。みんながやりやすい現場を作りたいので、前に行くより、支える立場にいるようにしています」と明かす。ドラマは、横浜さんも出演した「あなたの番です-反撃編-」と同枠で放送されるが、座長としての心構えは、「あな番」主演の田中圭さんの影響もあったそうで、「圭さんは自分がどうこうではなく、周りがやりやすい環境を作ってくれたので、参考にしているかもしれませんね」と笑う。

 GP帯初主演というのは、「目標の一つでしたが、まだ早いんじゃないかなと思いました」と率直に語る。「僕はまだまだ未熟者なので、いろいろと経験して、ようやく皆さんに認めてもらえ、自分の気持ちも『よし!』となったら(主演に)と思っていたんで、想像以上に早かったです。そこは不安だけど、楽しみながらやろうと思っています」。

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 7:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ