ここから本文です

【海外ムエタイ】福田海斗が“サガット”の指導を受け、元WBCムエタイ王者と再戦=1.15ラジャダムナン

1/11(土) 11:47配信

イーファイト

 1月15日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアムにて開催される『スックワンギントーン』に、True4Uバンタム級王者・福田海斗(21=キングムエ)の出場が決定した。

【フォト】ストリートファイターのキャラのモデル、サガット氏と福田が並ぶ

 福田の相手は元WBCムエタイ世界バンタム級王者・ノンユット・シッジェーカン(タイ)。昨年12月2日に対戦し、福田が惜敗した相手との再戦となる。なお、この対戦は本興行のメインイベントとして扱われる。

 前回12月の対戦時はノンユットが118ポンド(約53.5kg)、福田が119ポンド(約54.0kg)の1ポンドハンディ戦で行われた。中盤までヒザを上手く使う福田に技術で対抗するノンユットが賭け率ほぼイーブンで競っていたが、4Rに福田がコカされたため賭け率が流れてしまい、そのまま判定で敗れた。しかし福田の健闘を高く評価する声も多く、今回の再戦につながった。

 今回はハンディキャップをさらに拡大し、ノンユット117ポンド(約53.1kg)、福田120ポンド(約54.4kg)の3ポンドハンディ戦で行われることとなった。福田は今回の試合から、バンコクにある「13コインズジム」に練習拠点を移動。元ルンピニー王者のサガット・ペッティンディー氏の指導を受け、調子は上々だという。
 なお、サガット氏は有名対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター」のキャラクター”サガット”のモデルになった人物だ。

 福田は昨年12月は2日、25日と3週間スパンで試合。今回も約3週間間隔と、ハイペースで試合に臨む。昨年10月には日本のリングではあるが、ルンピニー王者のルンナライ・ギャットムー9をKOし、一躍時の人となった福田。タイでの注目度も高まる中、強豪ノンユットとの再戦を乗り越え、上位に食い込むことができるか。

<決定対戦カード>
▼第7試合メインイベント 117-120ポンド(ハンディキャップ戦)
ノンユット・シッジェーカン(元WBCムエタイ世界バンタム級王者)
vs
カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ/True4Uバンタム級王者)【ONE】ロッタンがハガティーとのリマッチで圧倒のKO勝利、V2達成

最終更新:1/11(土) 11:50
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事