ここから本文です

阪神・ドラ3及川 プロでも侍になる!U15で代表選出当時のユニホームに感慨

1/11(土) 9:00配信

デイリースポーツ

 「2020NPB新人研修会」が10日、都内ホテルで開催され、12球団の新人選手が出席した。ドラフト3位の及川雅貴投手(18)=横浜=は、プロの舞台でも侍入りすることを目標に掲げた。

【写真】及川が大仕事!地元市長を阪神ファンに改心させた

 及川はプロでも侍ジャパン級の活躍を目指すと意気込んだ。午前中に野球殿堂博物館を見学。匝瑳リトルシニア3年時に選出されたU15日本代表のユニホームが飾られており、モチベーションをかき立てられた。

 そのユニホームには、自分も含めた仲間の名前が記されている。「飾られているというのは前から話で聞いていましたが、実際に見たのは今日が初めてだったので。いろいろ思い出したりもしました」と当時の思い出が脳裏をよぎった。

 あれから4年。阪神に入団した左腕は「まだ先は長いとは思いますが、いずれは注目されるような選手を目指してやっていきたい」と闘志を燃やす。中学時代に「スーパー中学生」として脚光を浴びたように、プロでも侍ジャパン級のパフォーマンスを披露してみせる。

 侍ジャパンの投手コーチを務める建山氏の講義では「目的を持って練習をするのと、目的を探しながら練習をするのとでは全然違う」という話に感銘を受けた。「過去の栄光ではないですが、そういう実績があるので、その実績に恥じない行動を」。スター選手を目指す及川の挑戦が始まる。

最終更新:1/11(土) 9:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ