ここから本文です

手数料ゼロ化を準備中 楽天証券の楠社長

1/11(土) 10:55配信

ITmedia ビジネスオンライン

 「米国では株の手数料はゼロになってしまった。この大きな流れは止められない。我々も準備をしている。売上全体の4分の1が手数料だが、これをいきなりゼロにすると赤字になってしまう。代替策を考えながら準備していく」

 楽天証券が1月11日、パシフィコ横浜で開催した「新春講演会2020」で楠雄治社長が話した。

 2019年10月にSBIホールディングスは、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。それを契機に、年末にかけてネット証券各社は、手数料の限定的な無料化を進めてきた。

 SBIや楽天証券は手数料収入に依存する割合が競合に比べて低く、手数料を無料化しても他の方法でカバーする方策がある。「楽天証券には、楽天グループというエコシステムがある。ポイントなどさまざまな付加サービスを付け加えながら、手数料をゼロ化していきたい」(楠氏)

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:1/11(土) 10:55
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ