ここから本文です

「カジノ税収を保育士や介護士に」カイジ作者が提言

1/11(土) 7:00配信

BuzzFeed Japan

ざわ…ざわ…。ギャンブルの申し子カイジが、再びスクリーンに帰ってきた。

映画『カイジ ファイナルゲーム』(1月10日公開)の舞台は、帝愛グループが営む地下カジノ「帝愛ランド」。現実世界でも、カジノを含む統合型リゾートについて定めたIR実施法が2018年に成立し、各地で誘致レースが熱を帯びている。

一方で東京地検特捜部が汚職事件の捜査に着手するなど、IRをめぐる「闇」にも注目が集まる。原作者で映画のオリジナル脚本も手掛けた福本伸行に、日本版カジノの是非や将来へ向けた提言を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

入場には一定の制限を

――今作では地下カジノ「帝愛ランド」を舞台に、カイジたちが一世一代の大勝負を繰り広げます。えげつないギャンブルがたくさん登場しますが、あのカジノは合法という設定なんでしょうか?

うーん。カイジの世界では、まあ一応、合法ということになってます(笑)

――現実の日本でも、カジノの開業に向けて法整備が進んでいます。ギャンブル依存症など問題点を懸念する声もありますが。

ギャンブル依存症にならないような手はずは、いろいろ打てるはずです。

シンガポールでは、自国民にけっこう高めの入場税を課しています。そういう風にしておけば、基本余裕のある人しかカジノに行かないと思うんですよ。

《※シンガポールの入場税は1日あたり150シンガポールドル(約1万2千円)。昨年4月に100シンガポールドル(約8千円)から引き上げられた。

日本のIR実施法では、日本人や国内に住む外国人の入場料は6千円。入場回数は7日間で3回、28日間で10回まで。マイナンバーカードで本人確認を行うことが定められている》

お金のない人がどんどんハマってしまわないように、入場の際に所得制限を設ける方法もあります。つまり、所得の少ない人の入場は限定的とする。

そうやっていろいろな条件をつければ、ほかのギャンブルに比べても依存症の心配は小さいんじゃないか…と思います。

1/3ページ

最終更新:1/11(土) 13:29
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ