ここから本文です

ミスキャンと大学デート:「基本的に寝ちゃえば嫌なことも忘れちゃうし、それは私の良いところ」(中央大学 塩田恵理佳さん)

1/11(土) 22:01配信

テレ東プラス

ミスキャンとデート(仮想)――というシチュエーションで、大学のいいところや彼女の日常を紹介してもらっちゃう新規連載「ミスキャンと大学デート」。今回は「ミス中央コンテスト 2019」で準グランプリを受賞した塩田恵理佳さんと、中央大学多摩キャンパスをぶらぶらしてみました。

※「ミス中央コンテスト」は大学非公認団体の学生団体RPが主催・運営するもので、中央大学とは一切関わりがありません。

キャンパス内でお花見や紅葉狩り

──中央大学の多摩キャンパス、すごく広いね!

「でしょ? 自然がいっぱいだし、都心の大学とは全然違うよね。今は紅葉が綺麗だけど、春は桜がいっぱいなの! キャンパス内にシート敷いて、みんなでお花見できるし、『ラバーズヒル』って呼ばれる芝生の丘ではカップルが話してたり。環境は最高だけど、遠いのはちょっとつらいかも(苦笑)」

※最寄駅は多摩モノレール『中央大学・明星大学駅』(駅から直結)

──学校ちゃんと来てる? 遅刻とかしてない?

「たまに(笑)。朝はちゃんと起きてるのに、なんで遅刻しちゃうんだろう? こんなんじゃ、来年からの就活やばいよね!? アルバイトは遅刻しないんだけどなあ。個人経営の居酒屋さんでアルバイトしてるんだけど、常連さんが多いからほんと楽しくて!」

──ほんとコミュ力高いよね! そういえば座右の銘が......なんだっけ?

「『死ぬこと以外はかすり傷』(笑)。そのままの意味なんだけど、中2病みたいで恥ずかしい......。でも基本的に寝ちゃえば嫌なことも忘れちゃうし、それは私の良いところかも」

──最近は友達とどこで遊んでるの?

「オシャレなカフェって言いたいところだけど、普通の居酒屋(笑)。お酒が強いわけじゃないんだけど、みんなで一緒にいるのが楽しいんだよね」

──良い出会いとかあった? イケメンと知り合ったりとか?

「あるわけないじゃん(笑)ミスキャンパスだからってモテるわけじゃないし! それに顔より何より、気遣いができる人がカッコいいと思う! 例えば、PASMOの残高不足でチャージしなくちゃいけない時に、『じゃあ俺、待ってるわ』とさらっと言えるような」

1/2ページ

最終更新:1/11(土) 22:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事