ここから本文です

「桜花賞まで◎」という声も… 「一番走る」負傷の主戦もゲキ推しの馬【フェアリーS座談会】

1/11(土) 15:31配信

優馬

競馬専門紙「優馬」TM(トラックマン)座談会

デスク「昨年の暮れの世代GIを制したのは、いずれも“2戦2勝馬”。だからというわけでもないだろうが、ここも2戦2勝馬の人気が集まりそうだな」

武井「中でもやはりアヌラーダプラが頭ひとつ抜けた存在でしょう。初戦は馬なりのまま抜け出しての圧勝。そして距離を短縮した前走は、先々を考えて敢えて流れに乗せずに後方から直線だけの競馬でしたが、残り2ハロンを切ってからの追い出しで楽に抜け出し、ゴール前では抑えての楽勝でした。そんな余力を残しての競馬でも、時計は京王杯2歳Sで出たレコードからコンマ2秒差で、その勝ち馬タイセイビジョンが朝日杯でも2着だったことを考えると、重賞級の力も証明済みだと言えますね」

大江原「キャリア2戦でも、自在性と鋭い決め手を示しているし、現時点での完成度で一歩リードしている印象を受けるよな」

坂倉「2戦とも違う形での余裕ある勝ち方ですから、これはまさにモノが違うと言っていいでしょう。中山マイルを経験しているのも強味ですしね」

山崎「西のシンザン記念でも牝馬が人気を集めているように、この世代の牝馬もタレント揃いですが、あれだけ余裕のある勝ちっぷりなら桜花賞でも勝ち負けになるレベルだと思います。ここも通過点でしょう」

小野智「アヌラーダプラは、新馬を勝った時に三浦騎手が“今年乗った2歳馬の中で一番走る。相当な器ですよ”と言っていたほどで、怪我で乗れなくなったのは本当に残念だと思いますが、その言葉を信じてみたいですね」

小桧山「その鞍上が負傷しても、ルメールを確保できたのなら問題ないだろう。あれだけの瞬発力と素材の質の良さをもってすれば、誰が乗っても、というレベルだと思うけどな」

デスク「ただ、この時期の牝馬に絶対はないよな。阪神JFのリアアメリアだって、誰もあんな負け方を想定してなかったんじゃないか?」

小島「アヌラーダプラは、前走後は早くからここを目標に仕上げてきましたが、一段とアップした素晴らしい動きを見せていますし、ポカのような負け方はまずないと見ていいでしょう。今回は重賞ですが牝馬限定戦で“ここでも上位の力を見せます”と、萩原師も珍しく強気でしたし、現時点で不安なところは全くありません。少なくとも桜花賞まで◎の期待に応えてくれる馬ですよ」

木谷「アヌラーダプラは、今回と同じ中山のマイル戦で新馬戦を勝っていますが、スローペースに加えて能力的にも抜けていましたからね。フットワークなどを見ると、機動力を求められるこの条件は本質的に合わないのではないかと思います。色々な事情があるとは思いますが、前走で東京の1400mを使ったのも気になる点で、思い切って“消し”にしました。狙うなら、ここで負けて2月の東京1600mクイーンCを使ってきた時じゃないでしょうか」

デスク「だからと言って“抜け”はないと思うが…。田崎かと思ったぞ」

板子「やはりアヌラーダプラには一目置かざるを得ないですが、僕は同じ2戦2勝のシャインガーネットを狙います。2戦とも着差は僅かですが、しっかりと差し切ったあたりに素質の高さを感じましたね。折り合い面やセンスの良さから、どんな競馬にも対応できると思いますし、中間に格上と併せ馬を消化するなど、意欲的な調整をしてきた点も好感が持てます」

守屋「栗田徹師は“初戦は早く先頭に立ちすぎてソラを使ったので2着馬に詰め寄られたが、前回はそんなこともなく最後まで集中して走ってくれた。いい内容だったね”と過去2戦を満足気に振り返ってましたが、今回についても“牝馬でも扱いやすい馬で落ち着きもある。中山の同じ舞台も経験しているし、不安も特にないからね。楽しみにしているよ”と。昨年の躍進が目立った厩舎の勢いに加えて、鞍上にも先週8勝と大暴れのマーフィー騎手を迎えたとあれば、当然◎でしょう」

小野智「そのマーフィー騎手ですが、追い切りで跨いだ後にメチャメチャ褒めてましたよね」

木谷「シャインガーネットが中山マイルで勝った新馬戦は、2着馬に詰め寄られてアタマ差の決着でしたが、2~4着馬が揃って勝ち上がってますし、アヌラーダプラにはない中山向きの機動力があると言えますよね」

1/2ページ

最終更新:1/11(土) 15:31
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ