ここから本文です

プロの飛距離が怪我で275→180ヤードに!? 飛ばないからこそ気がついたゴルフにとって大切なこと

1/11(土) 18:33配信

みんなのゴルフダイジェスト

左肩を怪我したとで通常のスウィングを行うことが困難になってしまったティーチングプロの永井延宏。ヘッドスピードは激減し、平均255ヤード、最大275ヤードだったドライバーの飛距離は180ヤードに。しかし、それによって「年をとり、飛ばなくなった状態はこういうことか!」と開眼したというから転んでもタダでは起きない。自身のホームページのブログに掲載された内容をもとに、飛ばないからこそ気づいたことを語ってもらった。

飛距離180ヤード=72歳のゴルフと仮定。エージシュートを狙ってプレーする

怪我により、痛みの出ない範囲でのスウィングを余儀なくされていることから、ドライバーが180ヤードしか飛ばなくなりました。私はこれを22年後、72歳の自分の飛距離と仮定し、年齢以下のスコアで上がるゴルファーの夢・エージシュートを狙おう!とプレーする様にしました。

今は思い切りクラブが振れている人も、やがては年齢を重ね、ヘッドスピードが落ちてくる日が来ます。私にも訪れるその日に備えたシミュレーション。そう思って、今はゴルフに取り組んでいるわけです。

ミスをすれば20ヤードくらい飛距離は落ちますから、160~180ヤードがティショットの目安。フェアウェイに入ってうまくランが出て200ヤード。その飛距離では、350ヤード以上のパー4では「ふたつで乗らない」ことが前提となります。怪我をする以前は、レギュラーティからパー4をプレーする場合、2打目に持つのは大概ウェッジでしたから、全く違う気持ちでティショットしています。

さて、そう考えながらプレーしていると、気がつかされることがいくつかあります。

まず、ボールがなくならないということです。なぜか? 端的にいえばそれは「飛ばないから」なのですが、なぜ飛ばないのかといえば、“50%のスウィングイメージ”で振っているから。

この50%とは、単純にエネルギーの出力を半分にしたということではなく、自分でスウィング中のクラブの動きや身体の動作を意識しながらスムーズに振れる範囲が、結果として50%なのだということに気付かされます。

普段の練習や、もちろんコースでも、50%のショットを意識して行うと、ご自身のスウィングへの意識も高まると思いますし、ゴルフ自体のゲーム性を楽しむこともできると思います。50%のスウィングをする限りボールはなくならない、つまり、コントロールが可能。このことを知っておくだけでも、コース攻略の幅は広がるのではないでしょうか。

1/2ページ

最終更新:1/11(土) 18:33
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ