ここから本文です

ただ今、Yahoo!ニュース 個人が表示されにくい不具合が発生しております。復旧まで今しばらくお待ちください。

「子育て移住」もアリ!? 地方自治体が競う子育て支援策

1/11(土) 18:09配信

ベネッセ 教育情報サイト

お子さまのいるご家庭にとって、暮らしに直結する子育て支援策は非常に気になるところ。国もさまざまな策を講じていますが、自治体の中には独自に子育て支援の制度を充実させているところが少なくありません。仕事や環境などが許すのなら、「子育て移住」も検討する価値があるかもしれません。全国各地の自治体による子育て支援策の一例をご紹介します。

保育料を支援

 保育園や幼稚園の費用を抑えられれば、家計はグッと楽になるはず。自治体の中には、保育料「無料」を掲げているところもあります。例えば、【北海道標津町】は、幼稚園が無料。【福島県西会津町】は、2人目以降の保育料が無料です。【兵庫県洲本市】は、就学前の2人以上のお子さまが同時に幼稚園・保育所・認定こども園を利用している場合、2人目のお子さまが3歳児以上なら保育料が無料となります。また保育料ではありませんが、【和歌山県高野町】は、保育園から中学校までのお子さまの給食費がずっと無料です。このほか、第3子以降の保育料を無料化する動きが全国に広がっています。

出産を支援

 経済的な事情が許せば、「あと1人、いや2人欲しい……」というご家庭も少なくないでしょう。【岡山県高梁市】では、出産祝いとして、第3子50万円、第4子以降100万円を支給しています。【石川県輪島市】では、第1子45万円、第2子50万円、第3子以降55万円を支給しています。また【広島県神石高原町】では、小学校入学祝い金として、第1子10万円、第2子20万円、第3子以降30万円を支給しています。

医療費を助成

 18歳までのお子さまの医療費を無料とする自治体も増えています。【北海道蘭越町】【岩手県一戸町】【福島県会津若松市】【福島県国見町】【福島県西会津町】【岡山県久米南町】【岡山県奈義町】【徳島県勝浦町】などがあります。また、【山梨県道志村】は、18歳までのお子さまのいるひとり親家庭は、保護者も含めて医療費が全額助成の対象となります。

1/2ページ

最終更新:1/11(土) 18:09
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事