ここから本文です

2期からが本番!クロスオーバー作品「異世界かるてっと2」芦名監督「キャラが勝手に動き出した」

1/11(土) 11:06配信

AbemaTIMES

 「オーバーロード」「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」の4作品の登場キャラがぷちキャラに姿を変えて学園生活で大暴れするクロスオーバー作品「異世界かるてっと」に新たに「盾の勇者の成り上がり」をゲストに加えた続編「異世界かるてっと2」が2020年1月から放送される。前作に引き続き監督をつとめる芦名みのる氏に、作品の注目点やクロスオーバーならではのこだわりを聞いた。

―1期の反響はいかがだったでしょうか?

 芦名 「これを公式でやるか!」って反応でしたね(笑)。ただ、小さいキャラクターでやるアニメって、最初はイメージが湧かないって人が多かったようなんですが、始まってみると「これはありなんじゃないか」って意見がどんどん増えて行ったのはよかったですね。

―2期の製作が決まったのはいつ頃なのでしょうか?

 芦名 1期1話の反響が良かったので、そこで2期をやることに決まりました(笑)。最初から分割2期が予定されていたわけじゃないことは伝えておきたいですね(笑)。

―実質9カ月で2期の製作を行うことになったと。

 芦名 短いですよね(笑)。しかも言われたのが1期の製作の真っ最中で現場は超燃えてる時だったんですよ(笑)。でも「いせかる」はクロスオーバー作品なので、他の作品にアプローチしてもらうための入り口のような位置づけなんです。だからやるなら早い方がいいんですよ。

―クロスオーバーは各作品のファンが満足できるものを作るのが大変そうです。

 芦名 それぞれの作品のファンというだけではなく、同じ作品でもアニメと原作、コミカライズで少しずつ内容が違っていて別々のファンがいるんです。さらに声優さんのファンもいて、望んでいるものがみんな違うんですよ。要望に全てこたえるのは当然無理だけれども、キャラクターのバランスが特定の作品に偏ったりしないように、発言の回数などはちゃんと計算していました。

 話を作る時はまずメインに据えるキャラクターを決めて、それに合わせて動くであろうキャラクターの中から、まだあまり台詞が無いキャラクターを置いていくようにしています。あまり関係が無さそうなキャラクターでも、置いてみると勝手にしゃべるしゃべる(笑)。さらにそいつに対してこいつはこうしゃべるよな、じゃあこいつらはこう動くよなって感じで脚本を書くんですが、キャラが多くて尺があふれまくるのでガンガン削っていってます(笑)。

 それでも放っておくと喋っちゃうキャラクターがいるんですよ。誰とは言いませんが。で、静かなキャラクターもいる。物語の骨子は出来ているのに、バランスを取るためだけに数日かかることもしばしばでした。すごい大変(笑)。

―キャラクターの数も膨大ですから、アフレコも大変なのでは?

 芦名 「メイン級の声優さんしかおらん! この現場おかしい!」「いせかるのアフレコ現場で事故が起きたら他のアニメがいっぱい止まる」って冗談で言ってますけど、冗談じゃすまないですよね(笑)。この手のキャストさんが多いアニメは、収録漏れが怖いんですよ。台詞の抜けが無いかは音響さんと一緒にかなり気を張ってチェックしています。

1/3ページ

最終更新:1/11(土) 11:06
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事