ここから本文です

三連休 12日(日)から13日(月)は日本海側で強い雪や雨

1/11(土) 14:14配信

ウェザーニュース

 三連休初日の今日11日(土)は西日本で晴れた所が多い一方、北日本から北陸では雨や雪が降っています。残り連休の残り2日は日本海側で雨や雪が降りやすく、北陸を中心に強く降る見込みです。

太平洋側は12日(日)に傘の出番あり

 太平洋側は12日(日)に南の海上を通過する低気圧や前線の影響で、雲が広がりやすくなります。一時的に雨や雪が降るため、お出かけには傘があると安心です。

 13日(月)は天気が回復して、冬晴れとなる見込みです。

北陸の山沿いで30cm前後の雪に

 12日(日)の夜に低気圧が通過した後、日本海にはJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)と呼ばれる雲の発達しやすい領域が形成され、13日(月)にかけて活発な雲が北陸地方に流れ込んできます。

 13日(月)夜にかけて予想される雪の量は、北陸の山沿いが最も多く、30cm前後に達する予想です。北日本で雪が強く降るエリアは限定的で、広い範囲での大雪にはならないと見ています。

 寒気が弱いため、北陸や東北の沿岸部は雨の所が多くなります。足下が悪くなりますので、外出時はご注意ください。

ウェザーニュース

最終更新:1/11(土) 14:14
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事