ここから本文です

1400万円超の「スープラ」爆誕! トムスチューンの460馬力モデルを初披露へ

1/11(土) 16:10配信

くるまのニュース

「THE SPORTS」をテーマとした「トムス スープラ」登場

 国内有数のレーシングチームで、高性能ハイパフォーマンスカーやエアロパーツ、サスペンションなどの開発をおこなうトムスは、トヨタ「スープラ」の特別モデル「トムス スープラ」を東京オートサロン2020で発表しました。

【画像】お値段1423万円! 緑色の限定「スープラ」をチェック!

 レースエンジンのスペシャリストである前田光彦氏がパワー部門を担当。アイルトン・セナとアラン・プロストの片腕と呼ばれたダンパーの魔術師・寺本浩之氏がサスペンション部門を担当し、トヨタテストドライバーの頂点である元トップガンの西島光義氏による徹底的なテストにより、トムス スープラは創り出されました。

 トムス スープラに搭載される3リッター直列6気筒ターボエンジンは、レースで培った技術が投入され、パワーとレスポンスが向上しています。

 ノーマル車よりも大きな風量を稼ぐ「ハイフロータービン」や、インタークーラーの性能を向上させる「ヒートエクスチェンジャー」、エキゾーストシステム「トムス・バレル」を採用し、エンジンを電子制御するECUをチューニングすることで、ノーマル車の340馬力/51.0kgfmから大幅にパワーアップした460馬力/59.0kgfmを発生します。

 専用ブレースで補強して剛性が増したシャシは、ハンドリングレスポンスの向上と、コーナリング、ブレーキング、加速時に起きるボディのねじれを低減。車内より前後を独立し減衰力の調整が出来る「ダンパーシステム」は、主要構成パーツであるショックアブソーバーやスプリングはもちろん、アウターチューブやピストンなど、細部まで見直しました。

 その結果、スポーツ走行ではワインディングを意のままに操ることができ、街中ではストレスのない乗り心地を実現。

 同時に強化されたブレーキシステムは、フロントをブレンボ製6ピストンキャリパーと380mm大型ディスクローターに交換し、強力なストッピングパワーで安心安全な走りをサポートします。

 外観のデザインも特徴的です。全幅は、2020年シーズンから参戦予定のスーパーGT GT500クラスのレース車両と同じサイズとなる1950mmに拡大されました。

 また、ドライカーボン製のフロント、リア、サイドのディフューザーが空力性能を高めるとともに、リアに装着されたGTウイングがダウンフォースを発生し、コーナリング性能が向上しました。

 ボディカラーには、特別色の「レジェンドグリーン」を採用。フロントに装着されたバンパーガーニッシュが精悍な表情を生み出すとともに、エアロダイナミクスにも優れたデザインに仕上げられています。

 内装では、インパネの各所にカーボン製ガーニッシュが装着され、スポーティな機能美を演出しました。

 シートは、運転時のホールド性を高めるサイドサポートが付いたバケットシートのオプションも用意されています。なお、このオプションシートは、好みのシート地に張替えが可能となっています。

 トムス スープラは99台の限定販売で、価格(予価・消費税別)は1423万円です。2020年1月10日より注文受付を開始し、2020年夏頃からのデリバリーを予定しています。

くるまのニュース編集部

最終更新:1/11(土) 16:10
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事