ここから本文です

クロップ、複数ポジション起用可能の南野拓実に「与えてくれるものはたくさんある」

1/11(土) 8:50配信

超WORLDサッカー!

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実について言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

今冬にザルツブルクからリバプールに加入した南野。5日に行われたFAカップ3回戦のエバートン戦でデビューを飾り、クロップ監督から一定の評価を得た。11日のプレミアリーグ第22節、トッテナム戦では同リーグデビューが期待される。

そんな南野について、クロップ監督がエバートン戦での起用ポジションを絡めながら、期待を口にしている。

「彼が最も自然にプレーできる一番のポジションだと思い、(センターフォワードで)起用した。特に、ボールに対する守備の面では最も自然にできる」

「今シーズンではないが、昨シーズンはそのポジションでプレーしていた。私がかつて共闘したマルコ・ローゼ(監督)のもとではね。いくつかのゲームを観たが、彼らはダイヤモンドで多くプレーしていて、その中で南野は10番の役割を任されていた。セカンドストライカーもできれば、なんでもできる。日本代表では9番のポジション、ウイングだってできる」

「ただ、ディフェンス面で言えば、最も自然にプレー出来るのがそのポジション(センターフォワード)だ。実際に、自然に守備をしていた。だが、それだけではない。彼が与えてくれるものはたくさんある」

超WORLDサッカー!

最終更新:1/11(土) 10:50
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事