ここから本文です

【MLB】ヤ軍大砲ジャッジ、1年9.3億円で合意 正捕手サンチェスは5.5億円 米メディア報道

1/11(土) 8:26配信

Full-Count

ジャッジは昨季2か月離脱も27本塁打、通算100号本塁打を達成した

 ヤンキースはアーロン・ジャッジ外野手との年俸調停を回避し、1年850万ドル(約9億3000万円)で合意した。MLB公式サイトなど米複数メディアが伝えた。

【表】やっぱりメジャーは“ケタ”違い! 2019年MLB選手の年俸10傑

 メジャー4年目の昨季は4月に左腹斜筋を負傷して約2か月離脱。8月27日のマリナーズ戦では菊池雄星から通算100号本塁打をマーク。史上3番目のスピード記録だった。102試合出場し、打率.272、27本塁打、55打点だった。昨季は年俸68万4300ドル(約7500万円)だった。

 また、年俸調停の権利を持つゲーリー・サンチェス捕手は500万ドル(約5億5000万円)、昨季15勝を挙げたジェームズ・パクストン投手と1250万ドル(約13億8000万円)、ジオ・ウルシェラ内野手と247万5000ドル(約2億7000万円)で契約合意に達した。

Full-Count編集部

最終更新:1/11(土) 8:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事