ここから本文です

鷹ドラ1佐藤、工藤監督の「周東並の足」に戸惑い 俊足武器も「レベルが違います」

1/11(土) 20:16配信

Full-Count

キャンプA組スタートに向け「アピールしていく」

 ソフトバンクの新人合同自主トレが11日、筑後のファーム施設でスタートした。ドラフト1位・佐藤直樹外野手は工藤公康監督が「足は周東並みと聞いている」と語ったことに驚きと戸惑いを見せた。

【写真】和田毅と斎藤佑樹、早大の先輩後輩が一堂に… 和田が公開した結婚祝福の1枚

 俊足好打の外野手としてドラフト1位で入団した佐藤。新人合同自主トレの初日を終えると、報道陣から工藤監督が「足は周東並みと聞いている」と語ったこと伝え聞くと、目を丸くして戸惑いながら「え? いや、そこまではいかないです。レベルが違いますよ。足は練習でむちゃくちゃ速くなるわけじゃない。走塁の技術で少しでも(周東に)近づけるように」と、謙虚に答えた。

 それでもインターバル走などでは仲間をリードするような走りを見せ「足はアピールポイントですから、僕が引っ張っていけたらと思います」とした。キャッチボールでは、ドラフト2位の海野隆司のボールを受け「今まで受けたことのないようなスピンが効いたボール」と驚きの表情を見せた。

 日本シリーズ3連覇を果たしたホークスの選手層は厚いが「まずは春季キャンプでA組に入れるように自主トレでアピールして、春季キャンプではシーズンで1軍に入れるようにアピールしていきたい」と力を込めた。社会人出身のドラ1選手として期待に応えていく。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:1/11(土) 20:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ