ここから本文です

【MLB】ナ・リーグMVPベリンジャー、12.6億円で合意 調停資格1年目では“史上最高額”

1/11(土) 9:37配信

Full-Count

年俸調停資格1年目では、カブス・ブライアントが17年に合意した11.9億円の最高額を上回る

 ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手は年俸調停を避け、1年1150万ドル(約12億6000万円)で合意した。年俸調停資格1年目の選手としては17年のクリス・ブライアント(カブス)の1085万ドル(約11億9000万円)を抜いて最高額。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のマイク・ディジョバンナ記者ら米複数メディアが伝えた。

【表】やっぱりメジャーは“ケタ”違い! 2019年MLB選手の年俸10傑

 ベリンジャーは3年目の昨季156試合出場し、打率.305、47本塁打、115打点をマーク。オールスター戦に選出され、8月には球団史上最速で通算100号本塁打を達成。ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞し、自身初のシーズンMVPに輝いた。昨季は年俸60万5000ドル(約6600万円)。約12億円の大幅アップとなった。

 また、正遊撃手コーリー・シーガーは1年760万ドル(約8億3000万円)で合意した。

Full-Count編集部

最終更新:1/11(土) 13:14
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ